MENU
写真:プラチナボーイの繭

Platinum Boyプラチナボーイ

2007年春、世界初、オスだけの繭から紡がれる夢の絹糸が誕生しました。
それが、純国産の新蚕品種「プラチナボーイ」です。

大日本蚕糸会・蚕業技術研究所の大沼昭夫博士が37年の歳月をかけて研究され、2006年についに開発に成功。銀座もとじでは2007年よりその商品化のためのプロデュースをさせていただいております。
それまでの蚕品種に比べて、細く、長く、強く、光沢があることが科学的にも実証され、実際にお召しのお客様からは美しさや着心地についてのお褒めの言葉をいただいております。

プラチナボーイの反物の証紙には研究機関、養蚕農家、製糸、製織にかかわる方々の名前が記されています。このような「顔の見えるものづくり」をはじめとした生産体制のしくみ作りや技術の革新性、品質の優良性などが評価され、2015年に提携グループ「“絹を未来に”プラチナボーイ研究会」として「農林水産大臣賞」さらに「日本農林漁業振興会会長賞」を受賞いたしました。

明治時代、日本は世界一の絹(生糸)輸出国でした。日本の着物文化を次代へ繋いでいくのと同様に、日本の絹文化もまた世界に誇るものとして未来へ繋いでいきたい。純国産絹プラチナボーイには、蚕糸業界の大きな夢が託されています。

今年も、養蚕農家さんが手塩にかけて育てたプラチナボーイたちが素晴らしい糸を作ってくれました。ぜひ一度手にとって、日本が世界に誇る美しい絹をご覧いただけたらと願っております。

プラチナボーイの商品一覧はこちら

プラチナボーイ物語

プラチナボーイの糸によるあなただけの一枚を。「プラチナボーイ物語」は、蚕から世界でひとつの着物を誂えていただく体験型プロジェクトです。完成するまでの一年間、自ら餌やりした蚕たちの繭が糸になり、生地に織り上げられる過程を見学・体験していただきます。
各地の風土に触れ、作り手の方々と交流しながら、国産の上質な「絹」への理解を深め、着物文化の魅力を体感できる貴重な機会をご提供いたします。

ツアーの内容

<お申込み受付中>平成30年度 秋繭編 プラチナボーイ物語のご案内。第1回養蚕体験 9月頃を予定しています。全3回のツアーの内容は第1回 茨城県、第2回 群馬県、第3回 滋賀県と各地を回ります。

詳しくはこちら

お客様の声

平成29年度「プラチナボーイ物語」にご参加いただいたお客様より、たくさんの感動のお声を頂きました。その一部をお届けいたします。

詳しくはこちら

活動レポート

平成29年度第2回プラチナボーイ春繭ツアーで訪れた群馬県安中市の蚕絲館と碓氷製糸での体験や見学の様子をご紹介しています。

詳しくはこちら