ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜18:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
ウェブ会員の方はいつでも《5%OFFクーポンコード:motoji》をご利用になれます。今ならメルマガ登録で15%OFFクーポン進呈!

銀座もとじの挑戦 プラチナボーイ

銀座もとじの挑戦 プラチナボーイ

白く輝く、夢の絹糸
「プラチナボーイ」
2015年5月 「農林水産大臣賞」受賞
2015年11月 第54回農林水産祭「日本農林漁業振興会会長賞」受賞
提携グループ「“絹を未来に”プラチナボーイ研究会」として

「プラチナボーイ」は蚕の品種の名前です。
2007年、37年の研究の末に世界で初めて誕生した、純国産のオスだけの新蚕品種。
白く輝く糸を吐くことから「プラチナ」、オスだけが糸を作ることから「ボーイ」。
今では、銀座もとじのものづくりを象徴する、とても大切な存在です。

白く、細く、強く、光沢のあるなめらかな糸で織られた布は、優美なドレープを描き、しわになりにくく、染めの発色が綺麗で、紬織のお着物でも糸の奥に輝きが感じられます。

蚕種開発の大沼博士、養蚕農家、製糸、製織、そして商品化のプロデュースを請け負う銀座もとじが一体となって「顔の見えるものづくり」を行い、2015年に「農林水産大臣賞」、さらに「日本農林漁業振興会会長賞」を受賞。その品質の高さと、高い技術のものづくりのリレーに対して、国から高い評価をいただきました。

明治時代、日本は世界一の絹(生糸)輸出国でした。それが、今や1%を切るほどの自給率となっています。日本の着物文化を次代へ繋いでいくのと同様に、日本の絹文化もまた世界に誇るものとして未来へ繋いでいきたい。純国産絹プラチナボーイには、蚕糸業界の大きな夢が託されています。

銀座もとじ
の挑戦
Ginza Motoji’s
Challenges

プラチナボーイ
世界初、オスだけの繭から紡がれる
夢の生糸「プラチナボーイ」。
その艶やかさ、軽さ、しなやかさといった
素材の魅力を活かし、
全国の作家や工房とのコラボレーション
によるオリジナル作品を制作しています。
詳細はこちら
銀座もとじの大島紬
銀座の街並みに合う
モダンな色使いの大島紬を
オリジナルで制作しています。
お客様の魅力を引き出し、
最も自分らしさを演出いただける
色柄をお探しください。
詳細はこちら
銀座の柳染
「銀座ならではのものを作りたい」と、
銀座のシンボル「銀座の柳の葉」で
草木染めをしています。
1998年からは銀座の泰明小学校にて
「銀座の柳染課外授業」
をさせていただき、最近では
奄美大島の大勝小学校との
新たな交流も生まれています。
詳細はこちら
ぎゃらりー泉
染織文化の次世代を担う、
若い作り手の情熱と才能をお届けしたい。
銀座から新しい泉が湧き出るごとく、
和文化のほとばしるような発信基地を目指して。
染織界が熱い視線を送る
若い作り手にスポットを当て、
作品発表の場を提供しています。
詳細はこちら