ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

  • 北村武資(きたむらたけし)

きたむらたけし 北村武資 羅/経錦

重要無形文化財保持者(人間国宝)・日本工芸会 正会員
織りの構造美を極め、
「羅」「経錦」の二つの分野で人間国宝に認定。

1935年、京都市下京区五条生まれ。お父様を早くに亡くされ遠戚が働く西陣で15歳で織物の見習い工になられます。世襲や弟子入りを経ずに技術を研鑽し、古代に発展し途絶えた織り技法を独学により復元。1995年「羅」の技法において、さらに2000年には「経錦」の技法において重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。 「羅」という織物との出会いは1972年、「長沙馬王堆漢墓(ちょうさまおうたいかんぼ)写真速報展」でその幻想的な美しさ魅せられ、資料の写真のみから推測して組織を復元。さらに「経錦」という織物は、唐の時代に日本へ伝わり奈良時代以降には織られなくなっていたものを独学で復元されました。とはいえ、北村氏の織物は単なる古代製織技法の復元ではありません。 古代のものとは全く異なる現代に生きる織物として、 精緻で破綻のない織り組織、洗練された色彩は、常に品格をたたえ、雅な作品として私たちを魅了し続けます。

銀座もとじ和織 2004年、2009年、2012年、2014年、2017年個展開催
2015年 35周年記念展特別出品
2015年 人間国宝の染と織展
2018年 現代の名工展
2020年 40周年記念展特別出品
2022年 二大巨匠展 競演する織と染―北村武資と森口邦彦

1935年 京都市生まれ
1965年 日本伝統工芸染織展 日本工芸会会長賞 以後、入選・受賞多数
1968年 日本伝統工芸展 NHK会長賞
1990年 京都府無形文化財保持者に認定
    MOA美術館 岡田茂吉賞工芸部門大賞
1995年 「羅」の技法にて重要無形文化財保持者に認定される
1996年 紫綬褒章受章
1999年 京都府文化功労者に選定
2000年 「経錦」の技法にて二度目の重要無形文化財保持者に認定される
2001年 「人間国宝北村武資-織の美-展」(群馬県立近代美術館)
2005年 旭日中綬章受章
2011年 「『織』を極める 人間国宝 北村武資展」(京都国立近代美術館)
2022年 3月永眠