ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

人生の充実を味わう一日に
人間国宝 北村武資氏の「羅文帛」を
さりげなく上等なコーディネートで楽しむ

■「二大巨匠展 競演する織と染―北村武資と森口邦彦」《終了しました》
会期:2022年2月19日(土)~27日(日) >>催事詳細


コーディネートについて
結婚記念日に、最高の気分で懐石料理の店へ。
着物に選んだのは人間国宝 北村武資氏の羅文帛。
縦方向にゆらぎを感じる特別な着物に、スエードのようにみえる独特の表情が洒落た籠絞り染の羽織が上品な立体感を生み出します。
角帯は人間国宝 甲田綏郎氏の精好仙台平の至高の一品を添えて。
縞×無地感覚の飾らない自然なコーディネートながら特別な想いを込めた組み合わせです。
人生の充実を味わう一日にいかがでしょうか。


『羅文帛(らもんはく)』
縦方向に糸がゆれぎ、羅に似た風合いを持ちますが羅の組織ではなく、平織を変化させて織られています。経錦の織とはまた違う、軽やかでさりげない着こなしを楽しんでいただける、大変希少な着物です。


着尺「羅文帛 焦茶」(超広巾)
細い糸を平織で織り上げることで生み出された極上の紬は、しなやかでしわになりにくい上質な特性を持ち、やわらかなゆれぎが独特の奥行きを演出する、唯一無二と呼べる究極の大人の洒落着。またこちらは裄の長い男性にもお楽しみいただけますよう、北村氏が<広巾>で織り上げてくださった希少な作品です。


人間国宝 北村武資
1995年『羅』/ 2000年『経錦』 重要無形文化財保持者(人間国宝)認定

1935年京都市生まれ。15歳から西陣で織物を学ぶ。古代に発展し途絶えた織り技法を独学により復元し、日本国内染織作家の中で唯一、2つの技法で重要無形文化財保持者に認定。1996年紫綬褒章、2005年旭日中綬章 受章。
【作家産地】「北村武資」のご紹介
【和織物語】「深遠なる空間の美―北村武資の織」

提供

商品番号: 20220207_cordm_03
結婚記念日に懐石料理店へ
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart