ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

北村武資氏の「織繧繝」袋帯を
森口邦彦氏の黒留袖「松毬文」に重ねた
圧倒的な存在感で魅了する至高のフォーマル

■「二大巨匠展 競演する織と染―北村武資と森口邦彦」《終了しました》
会期:2022年2月19日(土)~27日(日) >>催事詳細


コーディネートについて
森口邦彦氏による大変希少な黒留袖。冬の庭に唐松を敷き詰める儀式からインスピレーションを受けて制作された作品は、光に浮かび上がるような深い奥行のある松の表情が印象的です。北村武資氏の織繧繝の市松魚々子縞の帯を重ねて現代的な装いに。歴史を刻む大切な一日に、至高のフォーマルを。


人間国宝 北村武資『織繧繝(おりうんげん)』
織りの密度を微妙に変えながら立体的に文様が織り出され、北村氏の作品ならではの「組織を味わう」楽しみを満喫いただけます。
※繧繝とは…同じ色を濃から淡へ、淡から濃へと層をなすように繰り返す、中国伝来の彩色様式。


袋帯「織繧繝 市松魚々子縞 金×銀×白」
「魚々子縞(ななこじま)」は、表面が粒だって魚卵のように見える織り方の名称。斜子織、七子織とも書きます。シンプルな意匠性でありながらも、その糸の表情は細かな凹凸を携え、光があたると畝が光沢となって浮かび上がり美しい奥行きが演出されます。こちらはさらに市松に色を変化させた存在感のある意匠。金銀糸を使用していますので、黒留袖、色留袖、訪問着などにふさわしく最上級のフォーマルをお楽しみいただけます。


人間国宝 北村武資
1995年『羅』/ 2000年『経錦』 重要無形文化財保持者(人間国宝)認定

1935年京都市生まれ。15歳から西陣で織物を学ぶ。古代に発展し途絶えた織り技法を独学により復元し、日本国内染織作家の中で唯一、2つの技法で重要無形文化財保持者に認定。1996年紫綬褒章、2005年旭日中綬章 受章。
【作家産地】「北村武資」のご紹介
【和織物語】「深遠なる空間の美―北村武資の織」


人間国宝 森口邦彦 黒留袖「松毬文(しょうきゅうもん)」
京都 南禅寺近くにある「真々庵」にて唐松を引き詰める冬の儀式にインスピレーションを受けて制作された作品です。


人間国宝 森口邦彦
2007年『友禅』 重要無形文化財保持者(人間国宝)認定
1941年京都市生まれ。1963年に京都市立美術大学(現・ 京都市立芸術大学)日本画科を卒業後、渡仏。パリ国立高 等装飾美術学校でグラフィックデザインを学び、1966年卒業。帰国後、『友禅』重要無形文化財保持者(人間国宝)であった父・森口華弘氏の下で友禅技法を学ぶ。
1988年仏政府レジオン・ドヌール勲章、2001年紫綬褒章、2013年旭日中授章 受章、2020年文化功労者に選定。
2014年リニューアルされた三越のショッピングバッグに友禅訪問着のデザインが採用されたことでも知られ、父・華弘氏が花鳥風月の古典美をモチーフにした作風であるのに対し、幾何学模様を配したグラフィカルな表現を極められています。作品はV&A博物館、NYメトロポリタン美術館をはじめとする世界の主要美術館に所蔵されるなど、海外でも高く評価されています。
【作家産地】「森口邦彦」のご紹介
【和織物語】「視覚の冒険―森口邦彦の錯視的抽象の友禅」

提供

商品番号: 20220207_cordw_06
「織繧繝」黒留袖 至高のフォーマル
このコーディネートに使われている商品
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart