ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

北村武資氏の「経錦」の袋帯は
訪問着から小紋、お召、紬まで活躍
飛び柄小紋に重ねて会食へ

■「二大巨匠展 競演する織と染―北村武資と森口邦彦」《終了しました》
会期:2022年2月19日(土)~27日(日) >>催事詳細


コーディネートについて
飛び柄小紋に経錦の帯を合わせて。金銀糸使いの少ない経錦袋帯は、フォーマルだけではなく、小紋やお召、紬などに合わせることもできます。カジュアルな着物を少し他所行き感覚で楽しみたい時に。


『経錦(たてにしき)』
2000年 重要無形文化財保持者認定
《歴史と技法》
「経錦」は中国の前漢時代にはすでに完成した織物として存在し、日本では正倉院宝物の「蜀江錦」などにその技法が見られます。大変複雑で高度な技術を要し、比較的製織が容易で華やかな「緯錦(ぬきにしき)」の登場とともに、奈良時代以降には衰退していきました。
複数色の経糸(基本は三色)を一組として、地色や文様に必要な経糸を表に浮かせ、その他の糸を裏に沈めるために緯糸を通しながら織り進めます。数色の糸を一組とするため経糸が通常より細く密になり、織成上の制約が大きいとされます。
最小限の色糸と複雑な組織で織り出される静謐な錦。
緻密で引き締まった織りの質感に「高い格調」が漂います。


袋帯「経錦 唐草華文 焦茶×白ねず×灰柳×香色×金」
唐草と華文を組み合わせた装飾性豊かな意匠。落ち着いた焦茶地に灰柳や白ねず、香色と、鈍い金糸が浮かび上がり独特の味わいがあります。経錦は経組織のためシワになりにくく締めやすいという特性があります。やわらかものはもちろんのこと、絵羽紬や上質な紬にも最適です。


人間国宝 北村武資
1995年『羅』/ 2000年『経錦』 重要無形文化財保持者(人間国宝)認定

1935年京都市生まれ。15歳から西陣で織物を学ぶ。古代に発展し途絶えた織り技法を独学により復元し、日本国内染織作家の中で唯一、2つの技法で重要無形文化財保持者に認定。1996年紫綬褒章、2005年旭日中綬章 受章。
【作家産地】「北村武資」のご紹介
【和織物語】「深遠なる空間の美―北村武資の織」

提供

商品番号: 20220207_cordw_02
「経錦」飛び柄小紋で会食へ
このコーディネートに使われている商品
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart