ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

父親から受け継いだ大島紬に袖を通す日、
人間国宝 北村武資氏の『経錦』の角帯が
家族の歴史への心を引き締める

■「二大巨匠展 競演する織と染―北村武資と森口邦彦」《終了しました》
会期:2022年2月19日(土)~27日(日) >>催事詳細


コーディネートについて
父親や祖父の着物姿の代表格として、譲り受ける方も多い大島紬のアンサンブル。
カジュアルな着物ですが、角帯や小物次第で、スーツライクのスマートカジュアルに楽しめます。
今回は人間国宝 北村武資氏の経錦の角帯を合わせて格上げのスタイルに。
経錦は格調ある意匠でありながら、紬、お召、小紋まで幅広く合い、上質なスーツで集うようなシーンに最適です。
父親から受け継いだアンサンブルに袖を通し心を引き締める日に、気持ちを高めてくれる上等な角帯。
家族の歴史や成長を願う祝い事の集まりにいかがでしょうか。


『経錦(たてにしき)』
2000年 重要無形文化財保持者認定
《歴史と技法》
「経錦」は中国の前漢時代にはすでに完成した織物として存在し、日本では正倉院宝物の「蜀江錦」などにその技法が見られます。大変複雑で高度な技術を要し、比較的製織が容易で華やかな「緯錦(ぬきにしき)」の登場とともに、奈良時代以降には衰退していきました。
複数色の経糸(基本は三色)を一組として、地色や文様に必要な経糸を表に浮かせ、その他の糸を裏に沈めるために緯糸を通しながら織り進めます。数色の糸を一組とするため経糸が通常より細く密になり、織成上の制約が大きいとされます。
最小限の色糸と複雑な組織で織り出される静謐な錦。
緻密で引き締まった織りの質感に「高い格調」が漂います。


角帯「経錦 十字菱 赤茶×鼠×金糸入り」
無地感覚の着物が多い男性の装いに、緻密な織で表現された格調高い文様が映えます。お召、江戸小紋をはじめ、結城紬などの上質な紬まで幅広く楽しめます。仙台平の袴下にされたら唯一無二の極上のフォーマルが仕上がります。勝負の日の一本、稀少な逸品をこの機会にご堪能ください。


人間国宝 北村武資
1995年『羅』/ 2000年『経錦』 重要無形文化財保持者(人間国宝)認定

1935年京都市生まれ。15歳から西陣で織物を学ぶ。古代に発展し途絶えた織り技法を独学により復元し、日本国内染織作家の中で唯一、2つの技法で重要無形文化財保持者に認定。1996年紫綬褒章、2005年旭日中綬章 受章。
【作家産地】「北村武資」のご紹介
【和織物語】「深遠なる空間の美―北村武資の織」

提供

商品番号: 20220207_cordm_01
家族の歴史に心を引き締める日
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart