ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

長板中形の傘柄、小雨柄のような江戸小紋を重ねて
物語を演出する大人の遊び心を込めたコーディネート
ご自宅でお手入れできる綿着物は梅雨時にもおすすめ

《紫綬褒章受章記念展》
「松原伸生の長板中形 藍冴える型模様の天晴れな美」《終了しました》
会期:2022年4月22日(金)~24日(日)

>>催事詳細
>>《動画あり》長板中形の制作工程
>>《3分で解説》「松原伸生の長板中形展」5つの見どころ

江戸時代の浴衣にルーツを持つ「長板中形」の第一人者として
日本工芸会を牽引され、昨年には「紫綬褒章」を受章。
注目を集める松原伸生氏による、充実の作品群をご紹介いたします。
日本人の肌を美しく映す、瑞々しい藍が冴える型模様。
長襦袢を着て単衣の着物として、肌に纏って浴衣としても。
太陽が輝く季節に、貴方の魅力を引き出す一枚を探してみませんか。


コーディネートについて
梅雨時は着物がおっくうになりがち。
遊び心を込めたお出掛けしたくなる装いはいかがでしょうか。
傘柄の長板中形の綿着物に、曇天の小雨模様にも見える絽の江戸小紋「滝縞」を薄羽織に重ねて、物語を感じさせるコーディネート。
大人のリラックスを演出する民藝性豊かな丹波布角帯の水色も引き合います。
カジュアルですが江戸小紋の薄羽織で品よくまとまります。


松原伸生さんの長板中形の綿着物について
盛夏時期の「上質な浴衣」としてだけでなく、単衣時期から綿や麻襦袢などを重ねて「単衣の綿着物」として長く楽しめる着物です。
女性が小紋風に着こなしやすい柄から、男性向けの粋な幾何学模様まで様々あり、型違いでリピートされる方も多くいらっしゃいます。
絶妙な藍の明度の顔映りの良さと、極上の綿布の滑らかさは格別で、着ていて本当に気持ちが良いと皆様仰います。
浴衣の夕涼み会はもちろんのこと、単衣時期の気軽な食事会や観劇へいかがでしょうか。
きもの上級者の方にこそご満足いただける綿着物の逸品です。
【作家産地】「松原伸生」


長板中形とは
江戸時代から伝わる伝統的な型染技法のひとつ。大紋(大形)と小紋(小形)の中間の大きさの模様型を使用することから「中形」と呼ばれるようになり、江戸時代より主に木綿の浴衣地が染められてきたため浴衣の代名詞にもなっています。
【作家産地】「長板中形」

提供

商品番号: 20220330_cordm_02
【松原伸生】長板中形 梅雨に遊び心を
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart