ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

純国産絹「プラチナボーイ」の江戸小紋
スーツライクなきりっとシャープな組み合わせで
海外でのビジネスシーンへ

【1月催事】「江戸小紋展 ―武家の裃から発展した男の粋―」《終了しました》
会期:2022年1月28日(金)~30日(日)

>>詳細はこちら


コーディネートについて
オーソドックスにして、近付く程に素材や色の上質感が滲み出る装いです。
着物は、純国産の最高品質の絹「プラチナボーイ」の変わり一越ちりめんに、染め抜き一つ紋を入れたら準礼装にも使える「大小霰」を染めた江戸小紋。
風通御召を羽織で合わせて、人間国宝 甲田綏郎氏の精好仙台平角帯できりっと引き締めました。
シャープな組み合わせでスーツの集うビジネスシーンにもおすすめです。
海外でのプレゼンテーションに、侍の心持ちで臨む勝負服として。


プラチナボーイについて
【プラチナボーイ】は37年かけて日本の研究者が開発した、世界で初めてオスだけの繭から作られた特別な絹。銀座もとじが繭からプロデュースし、すべての商品に作り手たちの詳細を記し、履歴のわかる“純国産”のものづくりを進めています。2015年には『農林水産大臣賞』を受賞。その開発から、養蚕、製糸、染織、着物につくられるまでを追ったドキュメントは一冊の本『天の虫 天の糸』に綴られています。

【銀座もとじの挑戦】プラチナボーイ
【和織物語】プラチナボーイ物語「天からの贈りもの」


江戸小紋について
江戸小紋は江戸時代に武士の礼装である裃(かみしも)から発達したものです。参勤交代で江戸に集まる各藩の武士たちが自分たちの藩を象徴するため特定の柄を定めて各藩の「定め柄」としました。
江戸幕府が細かい柄の小紋を武士の公服としたこと、また華美な着物を禁止した「奢侈禁止令」が断続的に発令されたこともあり、各藩が競って微細な柄を求めるようになり、伊勢型紙の彫師、染める小紋師ともに、職人たちの手技は限界への挑戦ともいえるほど高度で卓越したものとなりました。微細な小紋柄を他の小紋と区別して、1955年に重要無形文化財保持者として小紋師・小宮康助氏を指定する際に、 他の小紋と区別をするために「江戸小紋」と呼ばれるようになりました。

【作家産地】「江戸小紋」
【知るを楽しむ】葛飾北斎や山東京伝もデザイン!江戸小紋
【知るを楽しむ】縞模様は江戸時代に大ブーム!しかし…
【二代目・泉二啓太の産地めぐり】伊勢型紙のふるさとへ
【男のきものWEB講座】武家の裃から発展した技術の粋

提供

商品番号: 20220114_cordm_03
海外でのビジネスシーンへ
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart