ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

結城紬に丹波布の八寸帯で温かみある装い
年明けの寒い時期に、春に向けた明るい色目をプラスして
ご友人との気軽なランチやお買い物へ

コーディネートについて
【結城紬×丹波布】暖かさの中に、春の色目を添えて

年明けのまだ寒い時期に、ほっこりとした結城紬の着物に、丹波布の八寸帯で温かみあるコーディネート。素材は暖かにしつつ、色は春に向けた明るい色目をプラスしました。帯締めは明るい緑で春を感じさせ、帯揚げは全体がぼけないように濃い色できりっと引き締めて。
ご友人との気軽なランチやお買い物へ。


「丹波布」について

【YouTube】丹波布が生まれる風土や工房の様子をご紹介(約3分)

柳宗悦氏と上村六郎氏が復興させた幻の木綿布「丹波布」。 手紡ぎ、草木染め、手織りの技法を守りながら、豊かな風土が織りなす、ざっくりとした風合いは「静かな渋い布」と称され愛され続けています。 この受け継がれる伝統技は、作り手が注ぎ続けてきたものづくりへの情熱の証です。

経緯ともに手紡ぎの木綿糸で織られた中に、緯糸の一部に絹糸(つまみ糸)を含めることで風合いをしなやかに仕上げた丹波布。民藝性豊かで懐かしさのある織表情は手にするだけでほっこりとした気分に。その軽い締め心地はどなたもが気持ちが良いと仰います。単衣から袷まで楽しめる素材感も魅力です。

大島紬や結城紬など紬をはじめ、綿薩摩や久留米絣、長板中形など綿着物にも最適です。
心も身体もほぐれる大人の休日に、
着る度に心が温まる上質なリラックススタイルをお楽しみください。

【作家産地】「丹波布」ご紹介
【YouTube】2020年イラズムス千尋さんにものづくりのお話を伺いました

 

提供

その他の商品

add-to-cart