ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

宮古島の手織麻着物「宮古麻織」
南国ならではの鮮やかな青が眩しい
夏の大変希少な「広巾」

■「極上の上布展 ~上質を極める日本の夏~」
燦燦と陽光を浴びた鮮烈な色彩の上布、白地に絣が冴える上布、深い藍色の清らかな上布、精緻な手技で感性ゆたかに染め織り上げられた作家作品。
北から南まで、日本の風土から生まれた上布の逸品をご紹介します。
>>上布一覧はこちら


宮古島で織り上げられた「宮古麻織」の麻着物です。
「宮古上布」とは違い糸は手績みではなく紡績による麻糸ですが、麻100%で、「宮古上布」と同じく高機の手織りで、砧打ちで仕上げられています。糸染は主に化学染料となります。

南国ならではの鮮やかな青が眩しい間道模様。片側に寄せたデザインのため、仕立て方法で表情が変わり、裁ち合せを考える楽しみがあります。

また、こちらは夏の大変希少な「広巾」ですので、裄の長い男性にもお楽しみいただきやすいのも大変魅力的です。

鮮やかな彩りは夏の醍醐味。
夏の陽射しの下でこそ楽しみたい個性派の一品です。

素材
青、緑、薄黄、白ねず、深緑
仕立て
盛夏
性別
男女
生地巾
(外巾)約1尺7分(約40.5cm)
納期
寸法確定後約40日~ ※要相談

提供

商品番号: 1021500974
【極上の上布展】
(夏もの)宮古麻織「変わり間道」(広巾)
価格はお問い合わせください
価格はお気軽に問合せください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品