ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

国の重要無形文化財 久米島紬
島の草木や泥で染めた伝統の柄
図案、染め、織りまでの全工程を一人で担う
島の草木や泥で染めた豊かなぬくもり
秋冬の装いとしてもふさわしい久米島紬を集めました

>>【秋冬にも最適】久米島紬

久米島紬らしい黒褐色に、イチチ・マルグムー(五つの丸雲)やカー・ヌー・ティカー(井桁)、ミディ・フム(水雲)、向い月などの伝統的な絣柄がほどよい大きさであしらわれた正統派。流行りすたりなくお楽しみいただける作品です。

久米島紬ならではの黒褐色は、グール(サルトリイバラ)染に、テカチ(シャリンバイ)染と泥媒染を繰り返すことで生まれます。グール染による赤茶の絣足のあたたかなぬくもりに心癒されます。

図案、染め、織りまでの全工程を一人で担うため、ひとつひとつに作り手の個性があることも久米島紬の魅力です。

製作者:高江洲盛栄
染色:グール/ティカチ/泥

久米島紬についてはぜひこちらもお読みください
【和織物語】「久米島紬 50周年記念展 ―魂にまとう織物―」
【泉二啓太の産地めぐり】~久米島紬の歴史と「ユイマール」の心を訪ねて~


「久米島紬」について
2004年に国の重要無形文化財に指定された久米島紬。
沖縄本島から西へ100キロのサンゴ礁の海に浮かぶ島で、島内の豊かな自然の恵みを活かし彩り豊かに織られる伝統的な織物です。
久米島には古くから養蚕技術が伝わり絹織物が作られていましたが、琉球王朝時代に全国から技術者が派遣され貢納布として発展。江戸では「琉球紬」の名でもてはやされたといわれます。
伝統の技法を今も守り、図案、染料作り、絣くくり、糸染め、織りの全工程を一人が一貫して行うのが特徴で、一反ごとに作り手の個性が反映され心癒される味わいがあります。
1970年に久米島紬事業協同組合が設立され、久米島紬の技術を後世に継承していこうと島全体が一丸となって後継者育成に力を入れています。
【作家産地】「久米島紬」のご紹介

素材
黒褐色×茶×白
仕立て
性別
女性
生地巾
(外巾)約1尺1分(約38.3cm)
納期
寸法確定後約40日~ ※要相談

提供

商品番号: 1010203839
久米島紬 経緯絣 草木染「イチチ・マルグムーにミディ・フム、井桁」
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 730,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 632,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品