ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

稀少性の高い綿薩摩の中でも、さらに稀少な「経緯絣」
「七宝」に型絵染帯で個性的に
袷仕立てで初春の女子会へ

■【2月催事】「綿薩摩展 ~今から単衣支度 極上の綿着物と出会う~」
>>商品一覧
身体に寄り添う着心地と最高の肌触り、極細のエジプト綿糸で織り上げた「綿薩摩」は、
通常の綿着物の概念を覆すほど。
昨今、単衣の季節が長くなり、更に希少価値が高まる綿薩摩。
精緻な経緯絣の反物を選りすぐり、一堂にご紹介いたします。
白絣・紺絣を選べる喜びをどうぞお見逃しなく。


こちらは、稀少性の高い綿薩摩の中でも、さらに稀少な「経緯絣」のお品です。経糸、緯糸ともに絣糸を使用して織り上げられた綿薩摩は最近ではなかなか入荷がなく、お探しの方もいらっしゃることと思います。全体に亀甲絣と蚊絣が尽くされた、大変贅沢な仕上りです。


コーディネートについて
【綿薩摩】(希少な経緯絣)「七宝」×型絵染帯、袷仕立てで初春の女子会へ

七宝柄がリズミカルに表現された綿薩摩に、個性的な型絵染の帯を重ねて。単衣にもおすすめの装いですが、綿薩摩は袷にすると暖かく、まだ寒さが残る初春に、軽やかながら暖かい着心地が楽しめます。帯に強さがあるので小物は帯に溶け込むように合わせて。
個性的な作家ものの帯から、古典柄、無地感覚まで、さまざまな帯を受け入れてくれる七宝の幾何学柄は、飽きのこない一品です。
初春の女子会ランチへ。

一般的に、綿は絹より気軽に楽しめる着物ですが、その中でも綿薩摩は番手の細い綿糸で織り上げられているため、いわゆる綿のざっくりとした風合いとは全く違う、さらり、しっとりとした上品な風合いで、初めて手にされる方は「綿とは思えない」と驚かれます。上品な質感が目にも肌にも伝わり、カジュアルな装いながらくだけすぎない品の良い風合いが魅力です。
会長、店主も大変愛用しており、特に単衣仕立てが人気で、4月頃から早めの単衣着物として長い季節楽しめます。

【関連記事】「私たちが伝えたい綿薩摩の魅力」
女性の着こなし / 男性の着こなし


(希少な経緯絣)綿薩摩「七宝」
こちらは程よい大きさの七宝柄が、ところどころ白抜きで浮かぶ、リズミカルな表情がお洒落なデザインです。


「東郷織物」の綿薩摩について

着物通の誰もが一度は着てみたいと思う、憧れの織物「綿薩摩」。

まるで絹のようなしっとりとした手触り。

手を触れると、カジュアルな“綿”のイメージとは全く違う、その品の良い素材感にきっと驚かれることでしょう。肌に軽い、しっとりと肌に吸い付くようなしなやかな風合い。お召しになったどなたもが「気持ちいい」と仰います。
「絹の着物は家に帰ったらすぐに脱ぎたくなるけれど、綿薩摩は帰ってもずっと着ていたくなる」
「体になじむ一体感は他の着物では味わえない」
この風合いは、極細の木綿糸を使用しているから。経糸に80番手、緯糸に60番手という極細の糸を用いています。「番手」とは、一定の重さに対して糸の長さはどのくらいかを表記する方法で、番手の数字が大きくなるほど糸が細くなります。

糸一本一本にこだわり、絣一つ一つにこだわり、すべての人の憧れとなる織物を作り上げた東郷織物の永江明夫氏。織物一筋に傾けてきた情熱が、「幻の綿薩摩」と呼ばれる作品の数々を生み出しました。
工程を省くことは一切しないと言うのが永江氏の信条。
量産されることのない稀少な織物です。


「東郷織物」について
宮崎県の最西端、都城市にある東郷織物。木綿素材の薩摩絣や草木染めの大島紬、夏大島などを主にものづくりをされている名門です。
そのセンスは、一般的な色柄とはひと味違った、独特のモダンな感性で織り上げられた作品が大変人気を呼んでいます。
「綿薩摩」のご紹介

提供

商品番号: 20240129_cordw_02
【綿薩摩】(希少な経緯絣)「七宝」×型絵染帯、袷仕立てで初春の女子会へ
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart