ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

読みもの

  • 私たちが伝えたい綿薩摩の魅力 ~女性のきもの~

私たちが伝えたい綿薩摩の魅力 ~女性のきもの~

女性スタッフによる綿薩摩のコーディネートをご紹介いたします。

年間10反のみしか作られない大変希少な綿薩摩。
日頃、店舗にて各産地の綿の着物や帯をご紹介させていただくスタッフならでは視点で、
綿薩摩の魅力や着用感をお伝えさせていただきます。


私は単衣として着用しておりますが、一番の魅力は肌に馴染む質感と着心地です。
陽射しが眩しくなる立夏から、夏を越して、再び単衣として日中の暑さが和らぐ秋分の日を迎える頃まで着用しております。
絹の帯を合わせる時もございますが、自分なりにテーマを決めて、上質な綿に綿の帯を合わせるのが好きです。 この日は「水面 (みなも)」をイメージしました。

文化企画デザイン室 スタッフ

 


一目惚れした綿薩摩です。 着用した時に交差する精緻な絣柄、その線を引き立たせたく、築城則子先生の小倉縞の帯を合わせ、
帯締めと帯揚げの差し色で凛とした中にも柔らかな表情になるようにしました。
普段の装いもモノトーンが多いので、和装の時も心が落ち着きます。私は美術館巡りが好きなので、一日着用していても疲れない着心地は格別です。

広報 スタッフ

 


正藍染の綿薩摩に上原美智子先生の名古屋帯を合わせた単衣コーディネートです。今日、綿薩摩を初めて着ました。
しっとりと落ち着いた藍の色が精巧な絣を際立たせ、やわらかな織りの風合いにとても感動しました。 大変着やすく、マットな質感が着姿をきれいに見せてくれます。 いつまでも着ていたい着心地の良さ、他にはない素晴らしい手仕事、きもの通の方から愛される綿薩摩。 単衣の時期が長くなっている今こそ、一人でも多くの方にお楽しみいただきたいと思います。

和織・和染店 スタッフ 

 


秋単衣のコーディネートです。 秋と言っても単衣はまだ暑さが残るので、八寸帯で軽やかに。
秋を感じさせる茶の帯揚、帯の紺と引き合う青の帯〆で引き締めました。絹の緊張感とは異なる安心感。
しっとりとした風合いは、綿薩摩独特のもの。 マットな生地感に憧れて10年程前に購入、一度洗い張りをして今年仕立て直しました。
綿薩摩は丈夫なところも、魅力の一つですね。

和織・和染店 スタッフ

 


初めて綿薩摩を身に纏ってみた時、とっても着心地が良いので驚きました。 着付けの際にもピタッときまり、しっとりと体に馴染む感覚が心地よく、 何よりも、肩の力を抜いてリラックスして着られるのが綿薩摩の魅力だと感じます。
色味は藍色の濃淡で控えめながらも、「四角と丸」で表現された柄行きがとても可愛いらしいところが好きです。

男のきもの店 スタッフ 

 

 

綿薩摩展の商品はこちら

商品を探す Search
Products