ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

幾何学的に雲を描いた付下げ「幸雲」
すっきりとした付下げは帯次第でさまざまなシーンへ重宝
お洒落なよそいきスタイルを楽しみたい食事会へ

「友禅作家 四ツ井健 ~白からはじまる造形美~」《終了しました》
会期:2024年1月19日(金)~21日(日) 

>>催事詳細はこちら

私の眼差しの先に広がる自然、その美しさには、調和、変化、そしてリズムが存在します。
自然界で原理原則を見つけることは難しい、だからこそ、その変幻自在さは可能性を秘めています。
月花、彩雲、蒼穹、煌星、銀嶺、その在りようを、白からはじまる造形美で染め上げました。
四ツ井 健

※今回、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)の新テクノロジーを活用した、初の友禅染作品も発表いたします。是非、ご高覧ください。


コーディネートについて
【四ツ井健】「幸雲」付下げ×しゃれ袋帯で、食事会へ

すっきりとした幾何学柄の付下げは、帯次第で普段の食事シーンから、お祝いの席まで、一枚お持ちですととても重宝します。
今回は個性的なしゃれ袋帯を合わせて。
仰々しくしたくはないけれど、いつもよりちょっとお洒落なよそゆきスタイルを楽しみたい食事会へ。

【作品コメント】
手描き友禅 付下げ「幸雲」
菱型に組んだリズム感と動きの調和の取れたシンプルなハート型の雲を描いてみました。グルグルと湧く雲の動きを表現し気持ちも元気が出るよう願いました。着物として着装した際にも品良く抽象化した雲のデザインは季節を限定せず美しく長く着ることができます。


四ツ井健さんについて
1962年、石川県金沢市生まれ。金沢市内の工房で、伝統的なもち糊による手描き友禅染の全工程を一人で手がけられ作品制作をされています。
グラフィックデザイナーを志しデッサン教室へ通っていた10代の頃、友禅工房で師となる方と出会い10年余りの修行時代を過ごします。元メーキャップアーティストでファッションへの造詣の深かった師の「着物はファッションである」という言葉は今もデザインの基礎として常に念頭に置かれ「時代の動きを敏感に感じその時代の空気にあった物づくりをしなければならない」とおっしゃいます。
自然と山登りが好きな四ツ井さん。雲や山並み、高山に咲く可憐な草花をデッサンから抽象化して、時に幾何学的なモダンなデザインに昇華させています。洗練された都会的な印象でありつつも、対象物への温かな眼差しが奥深く感じられる四ツ井健さんならではの友禅染の世界を作られています。日本工芸会正会員。
【泉二の一口対談】四ツ井健さん×店主 泉二
【作家産地】「四ツ井健」

提供

商品番号: 20240112_cordw_01
【四ツ井健】「幸雲」付下げ×しゃれ袋帯で、食事会へ
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart