ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

男のきものシーズナルコレクション2023秋冬
ウール着物にライトのデザインから着想を得た織角帯を
直線を活かした建築的なコーディネート

《男のきもの シーズナルコレクション》2023秋冬“1923”
販売開始:2023年10月6日(金)~

>>商品一覧 >>催事詳細

今からちょうど100年前の1923年9月1日。
首都圏に未曽有の被害をもたらした関東大地震が発生。

銀座一帯も瓦礫の街と化した。
しかし、人々はいち早く立ち上がり
バラック建築を建て、2ヶ月後には営業再開。
その逞しさは、小説家・水上瀧太郎の「銀座復興」にも書かれている。

壊滅的な街で、ほぼ無傷で残った建造物がある。
近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトが手がけた「帝国ホテルライト館」。
完成披露宴のまさにその日に震災が起き、
後に大震災を耐えたホテルとして世界に知られることとなった。

絶望からの復興の途上で
人々は何を見て、何を考え、どのように生きたか。

当時人々が目にしたであろう銀座の景色、
100年前の記憶と現代を行き来しながら、想いを馳せる。


《男のきもの シーズナルコレクション》2023年秋冬
【DM掲載コーディネート】建築巡りで楽しむ芸術の秋

帝国ホテルの岩壁をイメージしたローケツ染めの羽織に、角通し柄の地紋が光沢感のあるピュアウール地の着物と建築家・フランク・ロイド・ライトのデザインから着想を得た織角帯を合せて。
直線を活かした建築的なコーディネートで、建築巡りはいかがでしょうか。

>>羽織:紬小紋「石壁 ローケツ染め 高麗納戸色×浅葱鼠×灰汁色」
>>着物:【ドーメル】イタリア製 ピュアウール100% 着物「角通し」
>>角帯:【織楽浅野】西陣織 角帯「光の風 浅ねず」
>>羽織紐:【ATENARI】羽織紐「コントワ」ブラック×ロジウム

提供

商品番号: 20230914_cordm_05
【DM掲載】【男のきもの シーズナルコレクション】建築巡りで楽しむ芸術の秋
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart