ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

存在感のある花織着物に
大人のやわらかな愛らしさの香る帯を添えて
女子会や美術館巡りへ

【11月催事】「型絵染 長沢碧 初個展~瞳の奥に描かれた景色~」《終了しました》
会期:2021年11月12日(金)~14日(日)

>>催事詳細はこちら

着物はお召しになる方々の数だけ美しい組み合わせがあるように思います。
自然を見た時に感じたトキメキや美しさをぎゅっと詰めて、作品一つ一つ、心を込めて制作いたしました。
挑戦の場、一人でも多くのお客様にお目にかかり、学ばせていただきたいと願っております。
長沢碧

初個展を迎えるにあたり、長沢碧さんに今のご心境をお聞きいたしました。
>>【対談】「長沢碧さん×銀座もとじ」はこちら


コーディネートについて
力のある花織の着物に、
ふんわりと柔らかな雰囲気のポイント柄の染帯で可愛らしく品のある装いに。
友人とのランチ会、美術館など、気軽なお出かけにおすすめです。
前柄は、柄の間に空間がありますので、帯留めなど合わせても素敵です。


【作家コメント】
帯作品名:「菊と雀」
今度こそ通年で使えるものをと思ったので菊と雀です。
通年にこだわったのは、今日は何を締めようかと困った時に助けてくれるような帯を制作したかったからです。瑞祥柄のため通年で着用できますが季節を大事にしたい方は秋にお締めいただくと良いと思います。
獣医さんの所に雀がいまして、絶対に触らせてくれない雰囲気でしたが、ふわふわとして可愛い。雀のふわふわな羽根を薄い色合いで表現しました。


長沢碧さんについて

1991年千葉生まれ。2013年に女子美術大学芸術学部工芸科を卒業、同大学院に進み工芸研究領域染コース修士を修了する。2018年金沢卯辰山工芸工房を修了。型染の技法を中心に、作品の制作・研究を行う。女子美術大学在学中に型染を学び、金沢にて友禅染を取り入れた作品を展開する。2021年現在、東京都にて制作活動中。

【作家産地】「長沢碧」はこちらから
【対談】「長沢碧さん×銀座もとじ」


「ぎゃらりー泉」とは

女性のきもの専門店「和織」と「和染」の扉の間にもうひとつ、「ぎゃらりー泉」と書かれた扉があります。この扉は、いつか未来を担う作り手に出会えたら、この扉を開いて羽ばたいていって欲しいと、店主泉二が「和織・和染」の開店時より設えていました。 「ぎゃらりー泉」は、才能がありながら染織の世界を離れていく作り手を目の当たりにしてきた店主泉二の長年の夢でもありました。これからの日本の染織界で活躍が期待される可能性を秘めた作り手に光を当て、作品発表の場を提供したいという思いから造られました。 2017年、運営が始まり、「ぎゃらりー泉」で初個展を開催。 染めや織りの作家としての一歩を踏み出された皆さんは、お客様の応援をいただきながら、その後も確実に着実に活躍の場を広げられています。

「ぎゃらりー泉」ついてはこちらから

提供

商品番号: 20211105_cordw_01
帯 菊と雀
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart