ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

春先の袷、初夏の単衣として
白大島とブルー系の首里花織帯を重ねて
美術館巡りやコンサートへ

《ぎゃらりー泉》
「運天裕子 初個展 ~首里のはたおと~」
会期:2022年4月8日(金)~10日(日)
 >>催事詳細
【対談】運天裕子さん×銀座もとじ
【ライブ動画公開】運天裕子さん ぎゃらりートーク

第95回国画会にて会友賞を受賞された、首里織・運天裕子さんの待望の初個展です。
沖縄の豊かな染織文化の中でもひときわ格調高い織物である首里織。
34年間、アトリエルバースにて工房作品を製作し、「手縞」「桐板」「綾の中」など復元作業のアシスタントに従事。あくなき探求心から生まれる創造力を美しい織物にする力量は類を見ません。
渾身の作品群をぜひ、ご覧ください。


コーディネートについて
暑さを感じ始める季節にも、大島紬はさらりとした質感で軽やかに楽しめます。 青空のように爽やかなブルー系の首里織の手花花織帯を合わせて。 春先の袷、初夏の単衣としてもおすすめです。 美術館巡りやコンサートへ。


【作家コメント】
作品名:首里織 手花花織「スカイ ターコイズ」
銀色のスカイツリーが季節や時間、世界情勢によって変化していく姿情を花織で表現しました。 通常帯は12~13算(よみ)で作っていますが、15算と細かくして花綜絖の間隔も小さくなり細部に至るまで丁寧に表現して織り上げました。 手花織は普段の倍の時間を要しました。
※柄部分は緯浮花織と手花織
※地紋は両面浮花織


首里織とは
首里の織物は七種類(首里花織、道屯織、花倉織、諸取切、手縞、煮綛芭蕉布、花織手巾)の技法が伝えられており、それらを総称して首里織と呼びます。
【作家産地】「首里織」


新しい作り手を応援する「ぎゃらりー泉」とは
「ぎゃらりー泉」は新進作家の夢を叶えるプロジェクトの舞台です。2017年より始動。第7回目として、運天裕子さんの初個展を開催させていただきます。
「ぎゃらりー泉」について/応援する作家紹介

提供

商品番号: 20220325_cordw_03
【運天裕子】白大島×首里花織
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart