ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

雪結晶を配した美しいリズムの久留米絣に
力強さのある紬の八寸帯を重ねて
暖かさのある春、初夏、秋の装いとして

【3月催事】「松枝家の久留米絣 ~伝統と伝承の道~」《終了しました》
会期:2022年3月18日(金)~21日(月祝)
>>催事詳細

2020年夏、松枝家・織屋五代目 松枝哲哉氏が永眠されました。
日本伝統工芸展へは、36年を共に歩まれた小夜子夫人と共に出展を重ねられ、
最後に手掛けた作品が文部科学大臣賞を受賞。
長男・崇弘氏は昨年、初出品で日本工芸会奨励賞を受賞。
哲哉氏の偉大なる軌跡を辿り、
親子三人が久留米絣の作家として輝き続ける珠玉の作品群をお届けします。


コーディネートについて
幻想的な美しさが印象的な作品「雪の舞い」。動きのある柄を邪魔せず、引き立て、そして力強さのある山岸幸一さんの帯をコーディネートしました。単衣で仕立てる久留米絣の軽やかさを活かすには、帯芯が入らない八寸は重宝します。4-5月、9-11月頃の装いとして。

《着用季節について》
久留米絣は単衣仕立てで楽しまれることが一般的です。着用季節は、帯次第で幅広く、暖かさのある袷から単衣の季節、4-6月、9-11月頃を中心に長くお召しいただけます。

※サブ画像に久留米絣の着用イメージをご紹介しています


作者:松枝哲哉
作品名:平成27年 第62回日本伝統工芸展 入選作「雪の舞い」


【松枝小夜子さんコメント】
哲哉得意の流れる空間に雪の結晶文を配置する特異な象徴的でファンタスティックな世界を絵絣で表現。見つめると、糸、一本ごとに積み木のように重なり合って、絵が描かれる。一本の糸が、白、中藍とで染め分けられ、その表情にも細心の注意を払って織っている。


松枝哲哉 プロフィール
1955年、福岡県生まれ。久留米絣の名家・松枝家の5代目当主。人間国宝であった祖父の松枝玉記さんに中学時代より藍染めを習い、後に手織り・手括りを学び、24歳の時には重要無形文化財久留米絣技術伝承者(手括り・藍染め・手織)に認定。詩情あふれる絵絣模様を得意とされ、29歳の時に日本伝統工芸展初入選、以降多数入選。2020年、第67回日本伝統工芸展で文部科学大臣賞を受賞、同年7月にご逝去されました。
【作家産地】「松枝哲哉」ご紹介


松枝家の久留米絣について
「松枝家」は、150年間にわたって絵絣の技を継承する久留米絣の名家。3代目である故・松枝玉記(たまき)氏は久留米絣の分野で国の重要無形文化財保持者(人間国宝)となりました。
久留米絣は、八女地方の小柄な男絣と、久留米市南部の大柄な絵絣の2種に大別されますが、松枝家に伝わるのは後者の「大柄な絵絣」です。
筑後の自然風景、風や雨や光や影、そして宇宙にまで思いを馳せ、絣紋様に意匠化して写し取ります。豊かな詩情あふれる世界観を藍と白のコントラストや藍の濃淡染めで表現した作品は、見る者に深い感動を呼び覚ます力強さを感じさせます。
【記事一覧】「松枝家と銀座もとじ 出会いからの歩み」

提供

その他の商品

add-to-cart