ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

夏結城×宮古上布、麻同士の夏ならではの組み合わせ。
ピンクを味方に大人の愛らしさを楽しんで。

5月催事:「銀座もとじの夏きもの 極上の宮古上布・こだわりの本場夏結城」
期 間 :2021年5月7日(金)~9日(日)
ぎゃらりートーク: 8日(土)10時~
商品一覧はこちら
企画展詳細/インスタライブ情報等はこちら


撫子色×水色で織り上げることでクールなピンク系に見えるお洒落な夏結城。
ピンクの縞が入った仲宗根みちこさんの宮古上布の八寸帯を重ねて、
大人の愛らしさが香るコーディネート。
お顔映りも明るく好印象に楽しめる組み合わせは、デートへいかがでしょうか。


“単衣から盛夏の季節に着られる結城”
「夏結城」は、緯糸の約半分に「麻糸」を織り込むことで、結城紬の風合いを保ちながら、涼しさと透け感を実現した“極上の夏着物”です。
生産反数は年間10反未満、結城紬全体の1~2%。
製織できる機屋はたった一軒「野村半平」のみ。
まさに究極の通好みの織物です。

ぜひ布を光にかざしてご覧ください。
経糸の手つむぎ糸の豊かなゆらぎは結城紬ならではのもの。
麻糸と融合することで程よいハリが生まれ、 目にも肌にも極上の涼を感じていただけることでしょう。

一度着たらその軽さと涼しさがやみつきになると着物上級者をうならせる「夏結城」
涼しさの秘密は“麻”にあり。
日本の夏を極上の肌感覚でご満喫ください。


「夏結城」について

結城紬といえば暖かいもの。その常識をくつがえす反物です。
■経糸:真綿手つむぎ糸 撚糸 約600~800回転/m
■緯糸:真綿手つむぎ糸 同上55% 麻45%
経糸と緯糸の約半分には、160亀甲絣に使われる極細の手つむぎ糸に若干の撚りをかけて使用し、さらに緯糸の約半分には「麻糸」を織り込むことで、結城紬の風合いを保ちながら、涼しさと透け感を出しています。そして何より驚きの軽さです。
製織には本場結城紬と同じ地機を用います。
結城でも夏結城をつくることのできる機屋はたった一軒。「野村半平」という、産地では有名な機屋です。初代野村半平の製作した『藍地青海波松帆模様(本場結城紬百亀甲細工絣)』は、昭和37年、国立博物館に寄贈され、永久保存されています。さらには過去に200亀甲絣柄を製織したこともある、技術的にもトップクラスの機屋です。

提供

その他の商品

add-to-cart