ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

下井伸彦さんに
「銀座の柳染」で制作いただいた特別な作品
さらさらとした素材で単衣を中心に盛夏まで

【作品コメント】
【下井伸彦】【銀座の柳染】(単衣/盛夏に)浮織緯絣 下井紬「山吹×緑×黒」
ひとつのテーマが創造力を豊かにする
多くある色の中より絞られた色をさがし求め、
より広がりを表現することが楽しく苦しい作業でした。
柳より感じる色と柄を表現しました。
イメージは初夏と風です。


さらさらとしたとても気持ちの良い風合いで、「単衣」と、地域や気候によって「盛夏」まで長く楽しんでいただける素材です。グレーベージュ系のニュアンスカラーをベースに、緯絣によって山吹×緑×黒の彩りがさりげなくあしらわれ、指で触れると浮き織の凹凸がさらりとして、色柄ともにとても爽やかな気分で楽しめる着物です。
男性、女性、どちらにもおすすめです。


下井伸彦さんについて
信州紬の一大産地、長野県・飯田に工房を構え、信州紬を織られていますが、下井伸彦さんが織られる紬は「下井紬」として知られます。 東京でテキスタイルデザインを勉強された後、37歳でお父様の家業をついで飯田に戻り、染織の道へ進まれました。下井さんの工房には、糸繰機から手機まで、製織のためのさまざまな機械が揃い、糸作り、草木による染色、織りまですべて手掛けられています。テキスタイルデザインを学び、洋服のデザインの仕事をしていた時の色や柄の感覚が今も生きているとのこと。控えめながらセンスの高い仕上がりは、現代の着物シーンにも美しくお楽しみいただけます。
【作家産地】「下井伸彦」のご紹介


銀座の柳染について
「銀座の柳染」は、銀座に店を構えた初代店主・泉二弘明の熱い想いから生まれた、草木染めのオリジナル作品です。銀座の風景として有名な「柳」を、毎年5月に中央区が刈りとるものを特別に分けていただき、作家さんや全国の産地とともに、銀座の息吹を大切に込めて創作しています。
>>【銀座もとじの挑戦】銀座の柳染


【お手元確認サービス】ご自宅でご覧になりませんか
さらりとした肌触りやお色目、お手持ちの帯や小物との相性など、画面上だけでなく、お手に取って頂けるとご実感頂けると思いますので、「お手元確認サービス」もお気軽にお申しつけください。
※注文手続き画面の備考欄に「手元確認希望」とご記載ください。仕立て前にご自宅でご確認いただけます。
>>「お手元確認サービス」とは

素材
グレージュ、山吹、緑、黒
仕立て
単衣
性別
男女
生地巾
(外巾)約9寸9分(約37.5cm)
納期
寸法確定後約40日~ ※要相談

提供

商品番号: 2020200048
【銀座の柳染】
(単衣/盛夏に)浮織緯絣 下井紬「山吹×緑×黒」
下井伸彦
売切御礼
同柄・似寄り品のお探し、別誂え等のご相談を承ります。
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品