ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

モボたちを表現した歌謡の音階からイメージした
モダンな染角帯「ラプソディー」
ドーメルウール着物で着流しに

《男のきもの シーズナルコレクション》
2024年夏「モダンボーイ」

>>商品一覧

1920~30年代、大正デモクラシー以降の自由な時流と、産業化が急速に進み、伝統的な手仕事から大量生産・大量消費へ移り変わる時代。

銀座を中心に、当世風で新し物好きな青年たちは暮らしの中に積極的に欧米のスタイルを取り入れ、『モダンボーイ(モボ)』と呼ばれるようになり、『モボ』の言葉とイメージは全国に広まった。

そこから約100年を経て、大量生産・大量消費の時代の反省と、手仕事への回帰が見直される昨今。モノが溢れる今の時代だからこそ、手仕事で一つ一つ作られた着物はモダンであると考える。

銀座の地から、現代のモダンボーイに提案するコレクション。
着物、帯、浴衣などのラインナップで発表。


コーディネートについて
【男のきもの シーズナルコレクション】染角帯「ラプソディー」を、ドーメルウール着物で着流しに

昭和初期、銀座などのモボ たちを表現した歌謡曲、その音階からイメージして配色したデザインが洒落たオリジナル角帯を主役に。
着物も、銀座もとじ限定のオリジナル品で、【ドーメル社】のイタリア製 ピュアウール100%で織り上げられた、なめらかな肌触りと光沢感が人気のスーツ感覚で楽しめる着物をセレクト。単衣仕立てで長い季節に楽しめ、スタッフにも愛用者の多いアイテムです。スーツ生地のため、雨の多い梅雨時期にも安心してお召しいただけます。
モノトーンで重ねて、モダンでシャープな印象に。
今回は普段着感覚の着流しスタイルで、お気に入りの音楽が流れるカフェへ。


《男のきもの シーズナルコレクション》
染角帯 縞「ラプソディー」
昭和初期、銀座などのモボ たちを表現した歌謡曲から着想を得て、それぞれの音階からのイメージで配色したデザイン。
糸目型を使用し、彩色は一色づつ職人が手差ししており、モダンでありながら手仕事の表情を感じる仕上がりに。音楽を纏う、洒落たデザインで着姿のアクセントとなる一品です。


織楽浅野について
1980年に「織を楽しむ」をコンセプトとして創業された京都西陣「織楽浅野」。 色数を抑え、奥行きと質感があるきもの。 西陣の伝統を大切にしながらも感性が際立つ作品を作り続け、 時を越えて支持されるスタイルを提案しています。 幼少の頃よりお父様と共に美術館や本屋巡りをし、 価値あるものを選ぶ眼を養う機会に恵まれたという代表の浅野裕尚さん。 現在も世界中の美術書や織物、さまざまな和紙、筆、墨、箸、ポスターなどをコレクションされ、 素材そのものの本質的な美しさを捉え、創作に生かされています。 素材の違いが生み出す陰影が表情をつくる帯は、女性男性ともに人気を集めています。
【作家産地】「織楽浅野」のご紹介

提供

商品番号: 20240521_cordm_02
【男のきもの シーズナルコレクション】染角帯「ラプソディー」を、ドーメルウール着物で着流しに
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart