ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

「男のきものシーズナルコレクション」商品は
女性にも毎シーズン大好評
絣紬に花織帯で、表参道で女子会

《男のきもの シーズナルコレクション》2023秋冬“1923”
販売開始:2023年10月6日(金)~

>>商品一覧 >>催事詳細

今からちょうど100年前の1923年9月1日。
首都圏に未曽有の被害をもたらした関東大地震が発生。

銀座一帯も瓦礫の街と化した。
しかし、人々はいち早く立ち上がり
バラック建築を建て、2ヶ月後には営業再開。
その逞しさは、小説家・水上瀧太郎の「銀座復興」にも書かれている。

壊滅的な街で、ほぼ無傷で残った建造物がある。
近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトが手がけた「帝国ホテルライト館」。
完成披露宴のまさにその日に震災が起き、
後に大震災を耐えたホテルとして世界に知られることとなった。

絶望からの復興の途上で
人々は何を見て、何を考え、どのように生きたか。

当時人々が目にしたであろう銀座の景色、
100年前の記憶と現代を行き来しながら、想いを馳せる。


【男のきもの シーズナルコレクション】商品は女性にも毎シーズン大変ご好評いただいています。
今回は女性向けのコーディネートのご紹介です。

コーディネートについて
絣紬に花織帯で、表参道で女子会

銀座を歩く人の統計を取った柱状グラフの形から着想を得て制作した、アールデコ調の絣柄の紬に、優しい彩りの花織帯を合せました。
多彩使いでスリーシーズン楽しめる帯ですが、今回は秋らしい小物でコーディネート。
表参道のオープンテラスカフェで、秋の女子会にいかがでしょうか。


《男のきもの シーズナルコレクション》2023年秋冬
紬「考現絣 消炭色×灰汁色」

建築学者・民俗学研究者であった今和次郎が、震災後の東京で、ノートを片手にバラック建築のスケッチはじめ、道行く人の服装や行動時間の統計など、都市風俗の観察・採集からはじまった「考現学」。

絣の文様は、銀座を歩く人の統計を取った柱状グラフの形から着想を得て、当時のアールデコ調デザインに落とし込みました。味のある絣の雰囲気は活かしつつも、地色と柄のバランスで民藝調になり過ぎず今の街並みに合うよう工夫しました。

提供

商品番号: 20231017_cordw_03
【男のきもの シーズナルコレクション】絣紬に花織帯で、表参道で女子会
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart