ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

古典柄をモダンなセンスで楽しむ装い
コンサートや美術館へ

【10月催事】「勝山さと子展 ~現代の様式美を纏う~ 」
会期:2021年10月22日(金)~24日(日) 《終了しました》

>>催事詳細はこちら

京都西陣・勝山織物、現四代目となる勝山嘉夫氏の長女として生まれ、五代目となる兄・勝山健史氏の究極のものづくりを傍らで体感しながら、審美眼を養ってこられた勝山さと子さん。
大人が楽しむきものライフを「上質なきもの」に込めて、新たにブランドを立ち上げました。
現代の生活に溶け込む、華やかで存在感のあるきもの、九寸帯、コート地など多数ご紹介いたします。


コーディネートについて

華文の飛び柄小紋に、正倉院にある鏡箱の文様をイメージした帯を組み合わせた、
少しきちんとしたお洒落を楽しみたい日の装い。
どちらも古典柄ながらモダンなセンスで洗練された雰囲気に。
帯締めはアクセントに青系を添えて。
コンサートや美術館など、洋装が集うシーンにもおすすめです。


勝山さと子さんについて

勝山織物、現四代目となる勝山嘉夫氏の長女として生まれ、幼い頃から機の音を聞き、絹に触れて育ってこられました。
五代目となる兄 勝山健史氏の究極のものづくりを傍らで体感し、同年代の方でも気軽に着ていただける「上質なきもの」を、と新たにブランドを立ち上げられました。
素材のこだわりはもちろんのこと、現代の生活に溶け込み、それでいて華やかで存在感のあるきものを作られています。

【作家産地】「勝山さと子」のご紹介はこちら
【YouTube】勝山さと子さんをお迎えしてのぎゃらりートーク

提供

商品番号: 20211018_cordw_03
帯 正倉院銀平脱
※オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品については、在庫をお問い合わせください。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品

add-to-cart