ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

1つ1つこだわりを感じさせる和装小物
ジュエリデザイナーならではの洗練されたセンスを
和装のアクセントに取り入れて

■「源氏物語シリーズ①藤壺」
>>作品一覧

平安時代に花開いた「蒔絵技法(金粉や漆による装飾法)」や天然素材を用いて「品のある=あて(貴)なる」美しい和装小物を制作されるATENARIさんから、光源氏が恋焦がれた「藤壺」をイメージしたスペシャルな作品が届きました。
※売切の場合、別誂えのご相談はこちら


【ATENARI】の和装小物は、銀座もとじのみでのご紹介です

《作家コメント》
かんざし 水牛角 金蒔絵「雲に胡蝶」
平目地の雲と金蒔絵の蝶が奥ゆかしいかんざしです。日本独自の蒔絵技法の基本が完成したのが平安時代といわれます。現存する貴重な平安漆器の蒔絵柄からインスピレーションを得た蝶のデザインです。


【ATENARI】の魅力は、日本の伝統技術である蒔絵の技法を中心に、天然石やパール、木地といった本物の自然素材を掛け合わせて作り上げる独特のテイストにあります。

こちらのかんざしは、肌触りが優しいため高級メガネなどに使われている水牛角(バッファローホーン)素材を、ひとつひとつ手作業で削って制作しています。着物の上質感を損なわないよう、特別に注文して磨き込まれた艶が美しい仕上がりです。

指で触れるとやわらかに細かな凹凸を感じる蒔絵。光が当たると、ふっくらとした立体感が浮かび上がるのも魅力的です。

本物の素材だけを用い、大人のこだわりを感じさせるかんざし。
【ATENARI】ならではの洗練されたセンスをぜひお楽しみください。


「ATENARI」について
「ATENARI(アテナリ)」は、ジュエリーデザイナー・角元弥子さんが手がけられるブランドです。
日本の伝統技術である蒔絵の技法を天然石やパール、木地といった自然素材にほどこして、帯留め、かんざし、羽織紐などを制作されています(和装小物は銀座もとじのみでのお取り扱いです)。
「あてなり」とは、日本の古語で「品のある美しさ」を表す言葉。パリで出会った日本の古い装身具の、蒔絵の表現力に強く惹かれたことをきっかけに蒔絵を学ばれ、「現代の女性のスタイルに合う、蒔絵の装身具を作りたい」という思いで2007年にATENARIをスタートされました。
ひとつひとつ表情の異なる天然素材と対話しながら丁寧にデザインされ作られる作品は、季節の小物展を中心にご紹介しています。
【作家産地】「ATENARI」

素材
黒水牛角に金蒔絵
性別
女性
サイズ
幅約4.5cm 長さ約11cm
納期
2~4日

提供

商品番号: 1590217574
【源氏物語シリーズ①藤壺】
かんざし 水牛角 金蒔絵「雲に胡蝶」
ATENARI
価格(税込):
通常価格: 55,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品