Vol.14 男性の第一礼装(正礼装)~男性の礼装~|男のきものWEB講座

男のきものWEB講座

男性の第一礼装(正礼装)

祭や伝統行事などを除くと、現在ごく一般的な人がこの第一礼装を着るのは、結婚式の新郎、その父親や仲人、成人式や大学の卒業式といった公の式典の席など、かなり改まった場合に限られるものと思われます。しかしながら、この和の正装姿は非常にカッコ良く、魅力的ですから、自前の一着を揃えておきたいと願う方も少なくないのではないでしょうか?

第一礼装とは、男性の和装において最上の格の着物姿です。これは、黒羽二重、染め抜き五つ紋付きの長着と羽織に仙台平の袴をつけた服装ですが、男性の場合はこれを喪服にも用います。いずれも細部は地方によっても習慣が異なる場合もありますが、以下に、一般的な第一礼装に取り合わせる和装品を説明いたします。

長着と羽織は、白地の羽二重を黒に染めたものを用います。礼装の和服は男性の和服の中でも数少ない染めのきものです。なお、夏は絽の着物にします。

紋は日向紋に染め抜いたものが正式で、紋の数は最高の五つ紋です。家紋は通常自分の家の紋を使いますが、正確にわからない場合は、自分の好みのデザインの紋をつけても問題ありません。

黒紋付の長着には本来、白羽二重の下着を重ねて着るのですが、現在はほとんど衿だけ重ねて見える「(簡易)比翼仕立て」になっています。江戸時代以前では、正装の時に着る下着の色は全て白と決められていましたが、次第にそれも簡略化して名残を残す形となり、裏地や襦袢の半衿、足袋などを白に揃えるのはこうしたことが受け継がれているためです。

羽織の裏は新郎のみ白羽二重が正式で、それ以外なら色羽二重か絵羽模様などの額裏を使いますが、現在はあまり拘らず、縁起物など個性的な羽裏を合わせてもよいでしょう。

羽織の紐は正式なのは丸組みで色は白ですが、これは平打ちでも何ら問題ありません。平打ち紐を正式する意見もあるようですが、古来からのものは丸組となります。喪服の時のみグレーか黒にする場合もありますが、一般に白でも構いません。

袴は仙台平の縞柄で、紐は十文字に結びます。好みもありますが、縞の太さは一般的に細めの縞にした方が無難です。袴の仕立てには馬乗りと行灯がありますが、馬乗りの方が見た目も格好よく裾さばきも楽です。なお、夏は絽の袴にします。

帯は博多や西陣などの角帯で、無地か紋織、献上柄の薄い色を締めます。夏は絽や紗などの夏帯を使います。

長襦袢は白羽二重か色羽二重(夏は絽や紗)で派手な模様は使いません。半衿は塩瀬羽二重の白ですが、喪服の時はこれもグレーか黒にします。慶事の半衿もグレーが正式とする意見もあるようですが、本来は清廉潔白を意味する白を用いるのが習わしです。

足袋は白足袋です。素材はキャラコ木綿が一般的ですが、礼装用には羽二重のものもあります。なお、一般に足袋は喪服のときも白足袋ですが、地域により黒足袋とする所もあるようです。

履物は畳表の雪駄で、一般に慶事には白鼻緒、弔辞は黒鼻緒としますが、いずれも白鼻緒を用いる場合も多々あります。 最後に、四季を問わず竹骨の白扇(末広)を必ず持ちます。