ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

  • 玉那覇有公(たまはなゆうこう)

たまはなゆうこう 玉那覇有公 琉球紅型

重要無形文化財保持者(人間国宝)・日本工芸会正会員
はるかに広がる沖縄の美しい空と海。
型という有限の中に無限の世界を表現。

1936年、沖縄県石垣市に生まれ、琉球紅型三宗家「城間家」「知念家」「沢岻(たくし)家」のひとつである城間家14代である城間栄喜さんに師事。34歳に公募展へ初出品、数々の輝かしい実績を重ね琉球紅型の第一人者となられ、1996年、60歳の時に重要無形文化財「紅型」の保持者(人間国宝)に認定されました。 型という有限の中に、はるかかなたまで続くかと思うほどの無限の世界を作り出す玉那覇氏の紅型。読谷村の静かな一角で始まる紅型作りは、何百年の歴史を経ても常に新しい可能性を生みだします。 半世紀を超えて身に付けた紅型の技法は、今も更に研ぎ澄まされ、玉那覇氏の手の中から作り出される世界は見るものの心をとらえて離しません。

銀座もとじ和染 2013年、2014年個展開催
2015年35周年記念展出品
2020年40周年記念展出品

1936年 沖縄県石垣島に生まれる
1961年 琉球紅型宗家14代城間栄喜氏に師事
1978年 日本伝統工芸展奨励賞・日本工芸会正会員に認定
1990年 日本伝統工芸展監査委員
1991年 日本伝統工芸展文部大臣賞受賞
1996年 重要無形文化財「紅型」保持者に認定