次世代を担う作家紹介 – 第1回:型絵染作家・澤田麻衣子さん

次世代を担う作家紹介 - 第1回:型絵染作家・澤田麻衣子さん

お召しくださる方との“赤い糸”を想いながら作っています

澤田麻衣子さんの作品

記念すべき第1回目の作り手は、型絵染作家の澤田麻衣子さん。
この春に20年勤めた京紅型工房を退職し独立されたばかりです。
銀座もとじとは、2015年に開催した『「きものSalon」と「銀座もとじ」が選ぶ染織大賞』で大賞を受賞された縁もあり、独立後の初個展を開催していただく運びとなりました。 ご自身でデザイン、型紙彫りから手がけられる澤田さんの作品の魅力は「構図と彩色」。みずみずしい感性と、職人として20年間磨き上げた手技で、大人の女性の可愛らしさを引き出す素晴らしい作品を作り上げています。

第51回日本伝統工芸染織展 初出品、初入選の快挙!

澤田麻衣子さんは、新潟県新津市出身。大学卒業後に型絵染教室の先生から紹介された京紅型工房に入社され、以来20年にわたり職人として勤務し2017年4月に退職。現在は京都にて制作活動をされています。工房時代は、正社員として月〜金は仕事に従事し、工房が開放される土日を使って作品制作。
きものSalon2015 P98-99
きものSalon2015 P98-99

2015年に「きものSalon」誌上で公募した『「きものSalon 」と「銀座もとじ」が選ぶ染織大賞』にて、最高賞である「銀座大賞」を受賞。独立を機に出品した作品・型絵染着物「夏霞」が、第51回日本伝統工芸染織展にて初出品・初入選の快挙を遂げられました。

四季の草花鳥に目を凝らしてスケッチし、作図や型紙作りから手がけられる澤田さん。想像力をかきたてられる伸びやかで自由な図柄と、生命感あふれる色彩、その合間から光があふれるかのように覗く白場の静けさ。染めあがった作品はどれも、小さなモチーフのひとつ一つに命が宿り、一尺足らずの生地の中で楽しい物語がつむがれていきます。

作家への弟子入りを経てではなく、澤田さんのように工房から作家の道を歩むというケースは珍しいそうです。職人として着実に積み重ねた20年があるからこその確かな技術に裏付けされた作品は、装った時のバランスの美しさ、コーディネートのしやすさなど、実際にお召しになられたときにあらためてその魅力を再発見されることでしょう。

澤田さんは、いつも「お召しになる方と“赤い糸”でつながっていることを想いながら」作品を手がけていると仰います。澤田さんの作品に魅かれるのは、澤田さんの心とあたたかな眼差しが色となり形となっているからかもしれません。