第18回 きものでオペラへ『ラ・ボエーム』を開催しました

2020年2月2日(日)、第18回目となる「きものでオペラへ」を開催させていただきました。

銀座もとじでは、和の伝統芸能の鑑賞以外にも、社交の場で着物を装い、心豊かに楽しんでいただけるひとときをお届けしたいという思いから、2010年に「きものでオペラへ」という会を発足。新国立劇場と音楽プロデューサー・坂田康太郎さんのお力添えのもと、この度18回目を数えるまでになりました。

2月2日に鑑賞したのはジャコモ・プッチーニ作曲の「ラ・ボエーム」。パリの学生街に花開く恋と友情を描いた名曲です。ご参加の皆さまは思い思いのお洒落をされて、新国立劇場の洋の空間に、ひときわ美しい着姿で華を添えられました。

公演前の坂田康太郎さんによるレクチャー会は、銀座もとじ「きものでオペラへ」発足当時からのお楽しみの時間で、オペラの楽しみ方や見どころ、注目の歌手について、わかりやすく丁寧に解説いただいた後、いよいよ本編のオペラ鑑賞。ゼフィレッリ演出による甘美な音楽が織りなす青春賛歌を鑑賞の後は、場を移してお食事会へ。オペラの感想やお着物のお話など、語らいの時を楽しんでいただきました。ご参加いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

開催概要

19世紀パリを舞台に、詩人とお針子の純愛、そして明日の成功を夢見る若き芸術家たちの貧しくも自由な生活を描いた青春オペラ「ラ・ボエーム」。
公演前に行われる音楽プロデューサー・坂田康太郎さんによるレクチャーと共に、心豊かにオペラ鑑賞を楽しみませんか。

日 程 : 2020年2月2日(日)【開催終了】
オペラ講座 : 12:30〜13:30(5階情報センター内シアタールーム)
オペラ開演 : 14:00〜 全4幕(予定上映時間:2時間50分 ※休憩含む)
場 所 : 新国立劇場
会 費 : チケット+坂田康太郎氏によるレクチャー+休憩時の特別ホワイエ代含む
29,000円(お食事なし)/40,000円(お食事あり)
※お一人様・税込価格 ※お食事はオペラシティ53階の「一味真」となります。
定 員 : 30名様(要予約・先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
お申し込み : 銀座もとじ 和織 03-3538-7878、 銀座もとじ 男のきもの 03-5524-7472