ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

読みもの

  • 《2021年7月10日まで会期延長》フランス・パリで『美の秘密』展を開催中~浮世絵に見る江戸時代の化粧と髪型~

《2021年7月10日まで会期延長》フランス・パリで『美の秘密』展を開催中~浮世絵に見る江戸時代の化粧と髪型~

提供:パリ日本文化会館©Grégoire Cheneau

パリでは、新型コロナウィルス対策のため半年間余り文化施設が閉鎖されていましたが、状況が緩和し、5月19日から「パリ日本文化会館」も再開館しています。
好評を博しつつ中止となっていた「美の秘密」展が、会期を7月10日まで延長して同日から再開されていますので、パリご在住の方はぜひ足をお運びくださいませ。
◎詳細はこちらをご覧ください。
https://www.mcjp.fr/ja/agenda/secrets-de-beaute-jp


銀座もとじの文化企画「見て聞いて触れる会」でもお世話になっているポーラ文化研究所様と、パリ日本文化会館の共催展「美の秘密-浮世絵に見る江戸時代の化粧と髪型」が、フランス ・パリで開催されています。

銀座もとじでは2018年は「化粧」、2019年には「髪型」をテーマに、ポーラ文化研究所様のご協力のもとこれまで2回の「見て聞いて触れる会」を開催。貴重なコレクションの中から化粧道具や結い上げた髪型の展示もさせていただき、江戸時代の女性の美意識や歴史をご紹介する機会をもうけてきました。

今回のパリの展示会では、「江戸時代の化粧風俗」をテーマに浮世絵150点・化粧道具など約60点の計200点以上が出品。フランスの美術専門誌『Connaissance des Arts』では、開催前から二つ星を獲得するなど、フランスの方々も高い関心・期待を寄せる展示会です。
現在、渡欧することは難しい状況ではございますが、ホームページ等から、日本の文化に高い関心をもつパリの空気を感じていただければ幸いです。

ポーラ文化研究所について

化粧を美しさの文化として捉え、学術的に探求することを目的として1976年に設立。以来、日本と西洋を中心に、古代から現代までの化粧文化に関わる資料の収集と調査研究を行っていらっしゃいます。

これまでに開催された「見て聞いて触れる会」

2018年【第1回目】『浮世絵から読み解く 江戸美人の化粧』
過去の開催情報はこちら>>

2019年【第2回目】『時代に花咲く女性の美~絢爛豪華 江戸のヘアスタイル』
過去の開催情報はこちら>>

Secrets de beauté(美の秘密)-浮世絵に見る江戸時代の化粧と髪型

〈公式ページより〉
パリ日本文化会館は、江戸時代の化粧風俗を描いた浮世絵作品150点(※)、および化粧に用いられた道具や装身具、日本髪を再現した結髪雛形等約60点の展示を通し、江戸時代の化粧文化と当時の女性たちの美意識を紹介する「美の秘密-浮世絵に見る江戸の化粧と髪型」展をポーラ文化研究所との共催にて実施いたします。(※前後期入れ替え制)
【展示構成】
第1章 化粧の情景―白・黒・赤の粧い
第2章 髪化粧の情景―日本髪と髪飾り
第3章 身分とよそおい
第4章 江戸美人百花
※後期は「当勢三十二想」「千代田之大奥」をご覧いただけます。

展覧会概要

*感染防止に十分配慮しながらの開館を行っておりますが、コロナウィルスの影響により、開館状況が変わる可能性がございます。最新情報は展覧会公式ページ(パリ日本文化会館HP)をご確認ください。

【会期が延長になりました】
前期: 2021年1月12日まで(終了)
後期: 2021年5月19日(水)~7月10日(土)
開館時間:火~土11時~19時(最終入場は閉館45分前)
※6月10日、17日、24日、7月1日、8日の木曜日のみは、11時~21時(最終入場は閉館45分前)(夜間外出制限が緩和された場合のみ)
※本展は完全事前予約制です。無料入場対象の方も含め、ご予約の上ご来場ください。

展覧会公式ページ(パリ日本文化会館HP)はこちら(外部サイトへリンクします)
https://www.mcjp.fr/ja/agenda/secrets-de-beaute

ポーラ文化研究所HPはこちら(外部サイトへリンクします)
https://www.cosmetic-culture.po-holdings.co.jp/focus/201007_focus8.html

《2020年10月20発売》書籍のご紹介

『平成美容開花』
平成から令和へ、美容の軌跡30年
(ポーラ文化研究所著、編)
定価 1,650円(税込)

Amazonで詳細を確認する

商品を探す Search
Products