MENU

あけずば織・上原美智子(うえはらみちこ)

「最高の質感は空気である」
一本の命に向き合い織り出す、空間に溶けゆく布。

1949年沖縄県那覇市生まれ。短大時代に日本民藝館を通して沖縄の染織品に親しみ、21歳より柳悦博さんに師事し織物の世界へ。その後沖縄で大城志津子さんに沖縄の伝統的な織物技法を学ばれ、1979年に「まゆ織工房」を設立。極細の糸の織りに取り組まれる中で、ついに蚕が吐き出すそのままの極限の細さである3デニールの絹糸を用いた、ほぼ空気のような薄布の制作に成功。沖縄で蜻蛉の羽を意味する「あけずば織」と名付けられた透明感のある軽やかな織りは、上原美智子さんの代名詞ともなっています。上原さんは「生きることは織ること」だと仰います。「最高の質感は空気である」との思想のもと、蚕の吐き出す一本の命に感謝し全身全霊を捧げる。その創造的なものづくりに世界が注目し、国際的な展覧会でも高い評価を得られています。

Reading読みもの

空間に溶けゆく布 ― 上原美智子のあけずば織 | 和織物語

記憶に残る透明な存在感 ― 日本工芸の国際化の中で  20世紀後半、特に1990年代後半からこの20年程の間に、国際的な展覧会を通じて、工芸に関する考え方、捉え方が国際的な規模で変化してきた。用途の有無で「美術」と区別するのではなく、用途があってもなくても、“素材や技術を起点とし、作者自らの身体や手技を通して創造的な何かを築き上げたものであるかどうか”、という工芸観である...

上原美智子

1949年 沖縄県那覇市に生まれる
1971年 柳悦博氏の元で織物をはじめる/東京
1974年 沖縄に戻り大城志津子氏に沖縄の伝統織物の技法を学ぶ
1979年 まゆ織工房設立
1990年 インターナショナル テキスタイルデザインコンテストにて
     「イケド賞」「ファッション振興財団賞」受賞/東京
1998年 海外巡回展「現代日本染織展」ニューヨーク近代美術館(MoMA)/米国
2000年 東京近代美術館工芸館 永久コレクション
2001年 個展 佐喜間美術館/沖縄
2013年 「第5回 吉左衛門Ⅹ」佐川美術館/滋賀
2014年 6月 銀座もとじにて「染織作家 上原美智子 特別展」開催
2017年 「交わるいと(あいだ)をひらく術として展」広島市現代美術館/広島
2018年 「ジャポニズムの150年」パリ装飾美術館/フランス
2019年 5月 銀座もとじにて「空間に溶けゆく布 上原美智子のあけずば織り展」開催

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る