MENU
須賀恭子

草木染紬織・須賀恭子(すがきょうこ)

自分のために着物を楽しむ日の
優しい気持ちになれる八寸帯や半巾帯。

長野県八ヶ岳の南アルプスを眺望する地を拠点に、草木染めによる紬織帯を制作されている須賀恭子さん。宮城県仙台市に生まれ、武蔵野美術大学油絵科を卒業後、沖縄各地の織物産地を巡った後に西表島へ移住。6年間竹富町でミンサー織を学び、その技術を礎に独学でひたむきにものづくりをされています。作品証紙には草木染料名とともに製糸場の名を記したものもあり、草木染めと糸への想いが感じられます。2018年4月、「ぎゃらりー泉」にて初個展を開催し、毎年人気の半巾帯に加えて八寸帯も新たに発表。「誰のためでもなく自分のために着物を楽しむ日の、お気に入りの一本にしていただきたい」と、素材と機にまっすぐに向き合っていらっしゃいます。

Reading読みもの

次世代を担う作家紹介 - 第2回:染織作家・須賀恭子さん

締めたときに、ふわっと優しい気持ちになっていただけたら昨年ついにその扉を開かせていただいた「ぎゃらりー泉」。第2回目となる今回は、長野県の八ヶ岳、南アルプスを臨む地でものづくりをされている須賀恭子さ…

染織作家・須賀恭子さんに聞く~ものづくりの心に迫る5つの質問~

染織の道へ進んだきっかけは?母方の実家が昔は蚕の買付や養蚕業をしており、和裁をしている親戚もいたりと…

応援団長 – 店主・泉二とのミニ対談~泉二 × 須賀恭子さん~

泉二:いよいよですね。須賀:はい、緊張で胸がいっぱいです。泉二:須賀さんとの出会いは8年ぐらい前ですね。作品を持って「見てください!」と飛び込みでいらっしゃった。あの日のことは今でも鮮明に覚えています。須賀:私もです…

須賀恭子

宮城県仙台市生まれ
2000年 武蔵野美術大学油絵科卒業
クメール伝統織物研究所短期研修
沖縄各地の織物を巡る
2001年 西表島移住竹富町織物後継者育成受講
伝統工芸士指導の下竹富町織物組合員
2006年 長野県へ転居、独立
2013年 東京と長野を拠点に活動
宮坂製糸所の植物染めに携わる
2008年~ 日本民芸館展 奨励賞 豊田民藝館収蔵
(2007~2012年入選)
長野県染織作家展 県知事賞
第82回 国展 入選
(第82,84,85回)
信州国展 展示参加

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る