MENU
森口邦彦

人間国宝・日本工芸会正会員 京友禅・森口邦彦(もりぐちくにひこ)

父・華弘氏とは異なる境地へ。
友禅の概念を越える斬新なデザイン。

2007年、父である森口華弘氏と同じ「友禅」の分野で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された森口邦彦氏。友禅訪問着のデザインが、2014年にリニューアルされた三越のショッピングバッグに採用されたことでも知られています。 父・森口華弘氏は花鳥風月の古典美をモチーフにした作風であるのに対し、森口邦彦氏は幾何学模様を配したグラフィカルな表現を極められました。1941年京都市に生まれ、1963年に京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)日本画科を卒業後、パリ国立高等装飾美術学校に留学しグラフィックデザインを学ばれます。帰国後、父・森口華弘氏の下で糸目糊や堰出し技法をはじめ、森口華弘氏の特徴的技法「蒔糊」の友禅技法を学び、1967年日本伝統工芸展に初入選。以降、各展の受賞を重ねられ、2001年には紫綬褒章、2007年には重要無形文化財「友禅」保持者(人間国宝)に認定。さらに、2013年に旭日中綬章受賞、2020年には文化功労者に選定されました。新しい表現を追求しながら、後進の指導と育成に尽力されています。

オンラインショップ

Reading読みもの

視覚の冒険―森口邦彦の錯視的抽象の友禅| 和織物語

友禅作家・森口邦彦について語ろうとする時、その父・森口華か弘こう(1909 – 2008)の存在を引き合いに出すことは自然なことであろう。父子二代にわたり、友禅の重要無形文化財保持者として染織界を牽引してきた…

「人間国宝の染と織」展にて外舘和子さんのぎゃらりートークを開催しました

2015年8月27日(木)〜30日(日)まで、銀座もとじにて『技の継承から創造へ 人間国宝の染と織 展』を開催。8月29日(土)には工芸評論家/工芸史家の外舘和子さんをお迎えし、人間国宝に認定された作家の方々の創意…

もっと見る

森口邦彦

1941年 京都市生まれ
1963年 京都市立美術大学日本画科卒業、フランス政府給費留学生として渡仏
1966年 パリ国立高等装飾美術学校卒業
1967年 父・森口華弘のもとで友禅に従事し始める
1969年 第6回日本染織展にて文化庁長官賞
     第16回日本伝統工芸展にてNHK会長賞
1988年 フランス政府 レジョン・ドヌール芸術文芸 シュヴァリエ章受章
2001年 紫綬褒章受章
2007年 重要無形文化財「友禅」保持者に認定
2009年 「森口華弘・邦彦展-父子人間国宝―」(滋賀県立近代美術館・読売新聞東京本社
) 2013年 旭日中綬章受賞
2016年「森口邦彦-隠された秩序」展(パリ日本文化会館)
2020年 文化功労者に選定

作家産地一覧に戻る