銀座の柳染め紬|和織物語

銀座の柳染め紬|和織物語

銀座のシンボルから生まれた草木染め

「銀座ものがたり」の始まり

店主の泉二弘明にとって、少年の頃「銀座」は憧れの地でした。テレビに写る銀座は、「ファッションの最先端を行く人々が華麗に闊歩し」、「映画館のネオンがきらめき」、「歌舞伎座が堂々と佇む」、まるで別の世界でした。

いつしか少年の心には「銀座で店を持ちたい」と言う思いがふつふつと湧き、それが人生の目標となりました。

上京し、夢をやっと実現した時、銀座の街並みは変わりつつありました。「古き良き街並み」が失われていくことに一抹の寂しさを覚え、「銀座の街並みを、子、孫の世代まで着られる着物に残せないか」と考えるようになりました。

まずは、帯のお太鼓柄に「映画館、人力車、ガス灯、和光の時計台、そして銀座のシンボル柳」と銀座の風景をひとつずつ描き込んでいきました。第一作をお店に並べると、20代の頃、銀座で青春を謳歌し、初デートを楽しんだというお客様達が「懐かしい! 」と言って求めてくださり、その輪がいつの間にか若い世代にも広がり始めました。

お客様の熱い支持を得て、帯から始めた風景画は、次には着物になり、長襦袢になりと、どんどん点数を増やし、その名も「銀座ものがたり」としてシリーズ化していきました。銀座は今も生まれ変わる事を恐れない街として動き続けています。変化し続ける銀座に私たちはエールを送りつつ、「昔の街並み」を大切に描き続けます。

風景の次は「銀座のシンボル・柳」を使いたい

銀座には昔から大切に守られている柳が沢山あります。

街に緑をもたらし、人々に一服の爽やかさを与え、たおやかでありながらどんな風雨にも負けない強さを持った柳。毎年変わることなく芽吹く柳が、梅雨の時期になると剪定され捨てられてしまうのを、いつも「惜しい……」と思って見ていました。

銀座の柳の剪定
銀座の柳の剪定

ある日ふと、「様々な地方にはその地方独特の草木染があるのに、銀座にはなぜ無いのか? 」との思いに捕らわれ、剪定されて捨てられていく柳を染料に使って着物や帯を作ってみようと考えました。親しい数人の職人さんに相談してみましたが、リスクが付きものの未知の染色を「やってみよう」と言う方はなかなか現れませんでした。
そんなある日、鹿児島の地で陶器の原料である『カオリン』を使って「白泥大島」を自ら作り出した益田勇吉さんが名乗りを上げてくれました。「泉二さんの熱意に打たれた! やってみよう! 泉二さんがリスクを背負ってくれるという。それだけの覚悟があるのなら私も何度失敗しても投げ出さずにやってみよう! 」と。

そこから二人の奮闘が始まりました。柳は染まりにくい。だからと言って手を抜くわけには行かない。堅牢度を考えると通常の染織に比べて4倍以上の手間隙をかけないと出来上がらない。試行錯誤の連続で失敗作が増えて行きます。同じ手間を掛けたなら、益田さんは幾反もの白泥大島紬が作れたことでしょう。

それでも諦めず一心に「柳染め」に取り組んでくれました。そしてとうとう最初の作品「柳染めの大島紬」が出来上がりました。その風合いの柔らかさと何ともいえない深みのある色に、皆ただ涙、涙……「やってよかった」と言う思いで一杯でした。

その後、次々にお付き合いのある各地の職人さんが名乗りを上げて下さり、皆さんの尽力でそれぞれの産地特有の柳染めが作り出されていきました。このように柳染めの紬たちは、「一流の技術を持ちながら、伝統に捕らわれず果敢にチャレンジしていこう」という職人さんたちと泉二弘明の熱意で作られています。

柳染めの長い工程と職人さんたちの思い

柳はもともと染色に適している植物ではありません。それに人間の技を注いで柳染めは続けられています。何度となく繰り返される染、過ぎていく時間・・・。
時間も労力も惜しまず取り組んでくださる職人さんたちの作る「柳染めの紬たち」は、愛情を一杯受けながら、1年の歳月を掛けて完成されます。
「『あれもしてみたい』『これもしてみたい』とやればやるほど、尽きることのない思いに捕らわれていく」と東京で染物を作る仁平さんは言います。
泰名小学校の子ども達と柳染めの実習
泰名小学校の子ども達と柳染めの実習

仁平さんは染の魅力に取り付かれ、20代半ばから染の世界に入り、試行錯誤を繰り返しながら独自の作品作りにいそしんでいる方です。泰明小学校での課外授業の「柳染め」にも協力してくださり、子供たちの熱意を受けながら新しい柳染めの作品を作り出してくださいます。

柳染め白鷹お召
柳染め白鷹お召
「ただひたすら柳の色を出す事」を考え
「柳の命を作品に注ぐ事」を考え
「自らの作品を着てくださる方が気持ちよく、そして美しく着てくださる事」
を願って日々、妥協を許さず、手間を惜しまず、納得できる作品作りに精魂を傾ける職人さんたち。

職人さんたちのあくなき探究心と熱い思いで作り上げられた数少ない柳染め……

柳染めの作品は毎年使える柳の量が限られているため、沢山作ることは出来ません。柳は剪定後、管轄の役所から許可を取ってもらってきますが、半分は小学生の柳染めに使用します。

前年の気候や環境によって、柳の色が微妙に変るため、二度と同じものは出来ないのです。「銀座の柳染め紬」はすべて一点しかないものばかりです。