《貴方が「華主」になる》五代 田畑喜八の帯、着尺、訪問着

銀座もとじロゴ

200年以上続く田畑家に伝わる「華主」、すなわち着る方が主人公。
江戸時代に奥方様や姫君の着物を誂えていた田畑家の

九寸名古屋帯

《特別制作》プラチナボーイの限定5作品

今回の個展へ向け、雄だけの蚕・プラチナボーイの絹地を用いて、地色や図柄のやり取をさせていただきながら、特別に制作いただいた作品です。

※別誂えはご相談ください。

オンラインショップでもっと見る

伝統の茶屋辻と藍彩

藍で染められた茶屋辻模様は、江戸時代、徳川家に縁ある高貴な方のみに着用が許された、憧れの着物でした。五代田畑喜八さんいわく「藍は、日本人の肌を美しく魅せ、すべての女性に似合う色」。
まだ見ぬ貴方を「華主」と想い染められた藍彩

五代田畑喜八の遊び心 九寸名古屋帯

袋帯

ああああああああああああああああああああああああ

小紋

《特別制作》オリジナル

訪問着