《8/1より販売開始》女性伝統工芸士とつくる『日傘』

日本の伝統技術や職人の手仕事の素晴らしさを独自の視点でとらえ、生活の中に溶け込む美を探求するROPÉ ÉTERNEL(ロペ エターナル)発の『日傘』のご紹介です。

150年続く老舗の東京洋傘『モンブラン』さんと協業で製作された日傘は、女性伝統工芸士さんの知恵と熟練の技、継がれる美意識に敬意を表しながらも少しだけモダンさを取り入れた、究極にシンプルな「バランス」を意識した一品です。

<亜麻布>

浜松にある機屋その一軒だけが織ることのできる、高密度の丈夫な平織りリネン。フランス産の亜麻を使ったこの生地は、湿度の高い限られた時期にしか織ることのできない希少なものです。

亜麻布 生成り

オンラインショップで商品詳細を見る

亜麻布 インディゴ染め

オンラインショップで商品詳細を見る

<綿刺繍レース>

昭和初期のヴィンテージレースのような繊細な刺繍です。ダウンジャケットに使えるほどの高密度に織られた平織りの綿布に、繊細な刺繍を施すには高度な技術が求められます。

綿刺繍レース 真白

オンラインショップで商品詳細を見る

細部までこだわりました

中棒は丈夫な「樫の木」、石突きと手元の部分は「ぶどうの木」を使用しています。手元を少し長く全体にすっきりとした細長いシルエットに仕立てました。

昔ながらの10本の鉄骨を選び、根気のいる熟練の技により布がしなり、丸く格好のいい曲線美を実現させています。

150年続く老舗、東京洋傘「モンブラン」にて有料ですが修理も承ります。メンテナンスしながら大事に一生お使いいただけます。

正しく保管していただくためにオリジナルの袋を作りました。袋のストラップを吊るして保管することで手元の変形を防ぎ、埃や汚れの付着や部分的な日焼けも防ぐことができます。

UV加工(50+)遮蔽率98%以上、最上級のUVカット率です。
綿刺繍レース布の日傘は、刺繍のアイレット部分から日差しを透過させますが、綿布自体にはUVカット加工を施しており、日本の強い日差しにある程度の効果があります。

ROPÉ ÉTERNEL(ロペ エターナル)
●綿刺繍レース布の日傘:真白
●亜麻布の日傘:生成り、インディゴ染め
定価:35,200円(税込)

日傘のものづくりについてはこちら

ROPÉ ÉTERNEL ブランドサイト“EXPRESION”ページにて、日傘の歴史と伝統的な製法についてなど詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。