五郎丸選手が銀座・泰明小学校の子供たちにタグラグビー教室を開催してくださいました。

五郎丸選手が銀座・泰明小学校の子供たちにタグラグビー教室を開催してくださいました。

2018年6月20日は、泰明小学校の5年生と6年生にとって、一生忘れられない一日になったことでしょう。

「奇跡の勝利」を巻き起こした2015年ラグビーワールドカップの日本代表として大活躍され、現在はヤマハ発動機ジュビロに所属される五郎丸歩選手が、銀座唯一の小学校・泰明小学校を訪問し、タグラグビー(タックルの代わりにタグを取って防御する)教室を開催してくださいました。

五郎丸選手と銀座もとじとは、2015年に雑誌撮影で着物のお手伝いをさせていただいてからのご縁となります。 今回の教室の開催は、銀座もとじが泰明小学校にて「銀座の柳染め体験授業」を20年以上継続してきたことに対して、五郎丸選手が強く共感・共鳴してくださり、自ら「スポーツで貢献できることはないでしょうか?」と仰ってくださったことがきっかけです。

ラグビー教室の風景

五郎丸選手は、スポーツを通じて子供達の未来をつくる大切なことを伝え経験させてあげたいと、これまでも全国各地でラグビー教室を開催されています。五郎丸選手と一緒に指導をしてくださったのが石川安彦氏。元7人制ラグビー日本代表としても活躍し、今は明治学院大学ラグビー部監督を務めながら子ども達にタグラグビー教室をしているプロの指導者です。

「5、6年生だけ五郎丸選手に会えるなんてズルい!」という声が生徒からも先生方からもあがったそうで、この日はサプライズで給食時間中に各クラスを訪問。五郎丸選手を見るやいなや感動のあまり涙をこぼす女子生徒さんや、興奮してお祭り騒ぎになったクラスもありました。

さて、実際の授業時間は、タグラグビーにいろいろなゲームが織り込まれて、185cm105kgと本当に大きな五郎丸選手が生徒に混ざって走り回ってくれたので、皆で笑い、そして真剣になって、チームプレーに汗をかきました。勝利も大事だけれども「耳を澄まして聴く力、頭を使って考える力」そして「ルールを守る気持ちが大事」ということを熱く、強くご指導くださいました。スポーツを通じて、人間に最も大切なことを子ども達に浸み込むように指導する取り組みに、店主・泉二も何度も頷いていました。

五郎丸選手と生徒

授業の最後には、泰明小学校5年生から五郎丸選手と石川氏にサプライズプレゼントが贈呈されました。それは先日の柳染め体験授業の時に作った、特製3Lサイズの超大型柳染めTシャツ!お二人ともすぐに着用して、「ありがとう!これは本当に世界に一枚だけのTシャツですね!」と喜んでくださいました。

泉二からは「ぜひ今日の6年生や5年生が卒業謝恩会で自分の夢を語る時にもお越しいただきたい。子ども達がたった一年でこんなに成長するんだ、と感動で涙が出るほどです」とお願いすると、五郎丸選手もご快諾くださいました。またこのような機会が継続されることを願ってやみません。

(左から、泰明小学校・山本副校長先生、和田校長先生、五郎丸歩選手、石川安彦氏、店主・泉二弘明、二代目・泉二啓太)
(左から、泰明小学校・山本副校長先生、和田校長先生、五郎丸歩選手、石川安彦氏、店主・泉二弘明、二代目・泉二啓太)