田崎真也・世界最優秀ソムリエによる「風光る盛春のおもてなし」|活動レポート

今回のもとじ倶楽部は、世界最優秀ソムリエ・田崎真也さんプロデュースの「Restaurant S」にて、田崎さんにサービングをしていただきながらワインとフランス料理のフルコースをお楽しみいただきました。

2月12日はまだ肌寒さが残る中雲ひとつない美しい晴天。 春を呼ぶ気持ちの良い好日に、40名を超えるお客様がお集まりくださいました。

Restaurant S

西新橋にある「Restaurant S」は大通りを少し入ったところにある青い看板が目印。 扉をあけるとライトダウンされたムードある空間が、これからはじまる贅沢な時を 期待させます。 店内は黒をベースに、イメージカラーのコバルトブルーに、椅子の肘掛に見られる木材の赤が アクセントのシックな大人の空間。黒の牛革のテーブルクロスの上に並べられたワイングラスが ひときわ輝いてました。

この日のお料理は、「風光る盛春のおもてなし」として、特別にご用意して頂いたコース料理です。 世界各国から集められた「Restaurant S」の300種類以上ものワインの中から、お料理に合った8種類のワインがご紹介されました。

まずはじめに、田崎さんによるご挨拶、そしてメニューとワインについてのご説明です。 食材のお話では、ホウボウや仔猪の形状やおもしろい動きの様子を身振り手振りを交えながら表現されたり、 ワインの産地などを手でかたち作ってみせてくださったり、普段難しく考えがちな話題も 大変ユニークにおもしろく教えてくださいました。
ソムリエ・田崎真也さん
Restaurant S
前菜のタルタルには爽やかなスペイン産のシャンパンを。 レモンの香りの野菜料理には白ワインを2種類、魚料理には美しい宝石のようなロゼを2種類、肉料理には香りが特徴的な赤ワインを2種類。 やや軽めの飲みやすいものと、個性のあるものを。 そして最後には、バレンタインが近いことから赤ワイン風味のチョコレートのデザートに、 フランス産の甘みが個性的な赤ワインが添えられました。

目の前に並ぶ8個のグラスに次々と注がれるワイン。 昼下がりの陽射しがキラキラと輝くテーブル。 歓談のお声の中で触れ合うグラスの音色が美しく響いていました。

Restaurant S
予定されていた時間を越えて会は終了いたしました。 ご参加されたお客様からは「ワインもきものも素材が大切」「あらためてワインの面白さに ときめきました」と大変うれしいご感想をいただきました。 この会のためにおいしい料理やワインを選んでくださった田崎真也さんに 深く御礼申し上げます。
Menu -風光る盛春のおもてなし-
季節の鮮魚タルタル ハーブの香り
レモンの香りにつつまれた ジャガイモのムースと白菜の一皿
ホウボウの蒸し煮 辛味の効いたドライトマトのソース
仔猪のロースト トリュフ香りのシヴァ風ソースで
赤ワイン風味のチョコレートデザート
プティフール コーヒー