2005年 泰明小学校 「柳染め課外授業」~柳染め~

泰明小学校 銀座の柳染め体験実習

6月8日(水)、快晴の空の下、中央区立泰明小学校の課外授業「銀座の柳染め」実習を行いました。毎年恒例の中央区立泰明小学校での「銀座もとじ『銀座の柳染め』課外授業」も、いよいよ待ちに待った染めの体験実習です。

ハンカチ染めでは、一人2枚ずつ配られた真っ白いハンカチを、柳の染液につけて染めていきました。染めは、校庭いっぱいに並べられたバケツやたらいを使って行います。まず、柳の抽出液に浸します。その後、媒染剤に浸してよくもみます。最後に水洗いして全工程が完了です。
泥の媒染剤に浸します
泥の媒染剤に浸します

これを3回程度繰り返して、干して乾かせば、柳染めハンカチのできあがりです。媒染剤とは、草木染めの染料の発色・色止めに使うものです。一種類の染料から媒染剤の違いで数種類の色が出せます。今回は、3種類の媒染剤が用意されました。ひとつめは、チタンです。チタンで媒染すると、やわらかなオレンジ色に染まります。ふたつめは、銅です。銅は、黄色に染め出してくれます。そして最後は、奄美の泥です。この日のために、店主・泉二のふるさと奄美大島から空輸した泥を使います。奄美の泥は、ほっこりとしたグレーに染まります。これらの媒染剤から、子供達が自由に選んで染めていきます。泥は、文字通りの泥です。染めは素手で行いますから、泥のぬめぬめした感触に歓声が上がります。媒染剤に浸した後は、水洗いです。あちらからもこちらからも、水場へ向かって子供達が大急ぎです。先を争ってかけっていく元気な姿が、青い空の下で躍りました。

また、反物への絵付けでは、あらかじめ柳の染液で引染めした上に、絵筆を使って媒染剤で絵を描きました。子供達みんなが、絵付師の顔になって真剣なまな眼差しで、色とりどりに描いていきます。見る見るうちに、無地だった反物が、色鮮やかな美しい反物に変って行きました。

反物へ媒染剤で絵を描きます
反物へ媒染剤で絵を描きます
風にひらめくみんなの絞り染めハンカチ
風にひらめくみんなの絞り染めハンカチ

すべての工程が終わり、泰明小学校の校庭には、絞り染めしたハンカチと絵付けされた反物が、ハタハタと風にはためきました。これで、今年の柳染め体験実習も終わりです。最後に泉二も加わって、みんなで集合写真をパチリ。子供達の笑顔がきらめく、最高の一日でした。