ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

「より良い帯を織りたい」
直向きさと探究心が機で跳躍する
織りの表情が愛らしくて微笑んでしまう

作品名:八寸 浮き織 銀座の柳染め「凛」
【作家コメント】
お店より届きました銀座の柳は水分をたっぶりと含み生き生きとしており、それを急いで刻み、幾度と煮出して柳の持つ色を譲り受けました。
柳は強靭でありながら楚々とし水辺に枝葉をそよがせる聡明な植物という印象があり、その思いを帯に込めました。
素材は綿のみで、構成全体をシンプルにし、頂いた色を皆さまへ届けることを大切にしました。

草木染料:銀座の柳、八重山ヒルギ、インド藍、待宵草


須賀恭子さんの八寸帯はさっぱりとした風合いで、袷から単衣まで、長い季節にお役立ていただけるのが魅力です。指でふれるとほのかに凹凸を感じるやわらかな立体性と草木染のふっくらとした色合い、さりげなくも複雑なこだわりの意匠性は須賀恭子さんならではのものです。
「誰のためでもなく自分のために着物を楽しむ日の、お気に入りの一本にしていただけたら。 締めたときにふわっと優しい気持ちになってほしい」と仰る須賀恭子さん。

作品にはひとつひとつ丁寧に、使用した染料や糸束が添えられているのも、ものづくりへの温かな眼差しが感じられます。

大人の休日に楽しみたい、リラックス感の中に秘めた須賀恭子さんならではの心地よい創作力。
彩りの楽しさと、こだわりの織装飾を兼ね備えた、ありそうでなかなかない帯。
色数を抑えたからこそのすっきりとした品の良さは、着回し度も抜群です。


2017年、銀座もとじ「ぎゃらりー泉」を舞台とした新進作家の夢を叶える企画がスタート。その第2回目の作家として、須賀恭子さんの初個展を開催させていただきました。

「ぎゃらりー泉」は新進作家の夢を叶えるプロジェクトの舞台です


須賀恭子さんについて

宮城県仙台市出身。武蔵野美術大学油絵科を卒業後、沖縄各地の織物産地を巡った後、西表島へ移住。6年間竹富町でミンサー織を学び、その技術が今でも須賀さんのものづくりの礎になっているそう。2006年に長野県八ヶ岳の南アルプスを眺望する地へ拠点を移してからは、独学でひたむきにものづくりをされています。 糸へのこだわりも強く4~11月の週末には製糸場に足繁く通うほど。作品証紙には製糸場の名を記したものもありその想いが感じられます。

染織作家・須賀恭子さんに聞く~ものづくりの心に迫る5つの質問~
応援団長 – 店主・泉二とのミニ対談~泉二 × 須賀恭子さん
【作家紹介】須賀恭子

素材
綿
ベージュ×黄色×水色×グレー
仕立て
通年
性別
女性
納期
約20日

提供

商品番号: 2310200081
【銀座もとじオリジナル】
【銀座の柳染】
八寸名古屋帯「凛」(銀座の柳/八重山ヒルギ/インド藍/待宵草)
須賀恭子
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 268,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 256,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品