ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

夏赤城紬ならではの素材感と
自分らしい色彩を楽しむ

《男のきもの シーズナルコレクション》2022年春夏「交差」
発売開始:2022年4月29日(金・祝)~

>>商品一覧 >>催事詳細

2022年春夏のテーマは「交差」
価値観の大きな転換期となった明治から大正時代。
1911年、銀座にはカフェーの開店が相次ぎ、
流行の先端を行く人々が集い刺激しあい、
日々新しいカルチャーが生まれていたという。

名だたる文化人が通った「カフェー・プランタン」
伝説のバーテンダーがいた「カフェー・ライオン」
ブラジル珈琲を広めた「カフェー・パウリスタ」

常連の画家が壁に描いたドローイングや
流行した色彩豊かなカクテル等
当時のカフェー文化から着想を得て着物や帯に表現。

心も装いも開放的になる季節に、
スパイスの利いた新鮮な着こなしをご提案します。


盛夏 《男のきもの シーズナルコレクション》2022年春夏
夏赤城紬「プランタン(若竹)」(超広巾)


1911年(明治44年)3月、カフェーを銘打った最初の店として、銀座に開店した「カフェー プランタン」。
「プランタン」はフランス語で「春」を意味することから、春らしく、当時の流行色であった若竹色を用いたシャリ感が心地よい赤城紬です。

洋画家・黒田清輝から聞かされたパリのカフェーのような、文人や画家達が集い芸術談義をできる場所を作りたいと、黒田に師事していた洋画家の松山省三と画家の平岡権八郎が共同で開業。
経営を維持するために、維持会員を募り(会費50銭)、その会員には、二人が師事した黒田清輝・岡田三郎助・和田英作などの画家、森鴎外・永井荷風・高村光太郎・北原白秋・長谷川時雨・谷崎潤一郎などの文人、市村羽左衛門・市川左団次・市川猿之助・伊井蓉峰などの舞台人等々、錚々たる面々がそろい、一大文化サロンとなった。

《生地について》
夏赤城紬のシャリ感を残しつつ、肌馴染みをよくするために、最終工程にひと手間加え、より着心地のよい仕上がりです。

※こちらは【生地巾(外巾)約1尺1寸(約41.6cm)】の<超広巾>で織り上げていますので、裄の長い方にもおすすめです。

素材
若竹
仕立て
盛夏
性別
男性
生地巾
(外巾)約1尺1寸(約41.6cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 2025100154
【男のきもの シーズナルコレクション】
【2022春夏「交差」】【銀座もとじオリジナル】
(夏もの)夏赤城紬「プランタン(若竹)」(超広巾)
売切御礼
同柄・似寄り品のお探し、別誂え等のご相談を承ります。
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品