ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

波筬と立涌柄による立体感ある織表情と
さらりとした肌触りが魅力の明石縮

《男のきもの シーズナルコレクション》2022年春夏「交差」
発売開始:2022年4月29日(金・祝)~

>>商品一覧 >>催事詳細

2022年春夏のテーマは「交差」
価値観の大きな転換期となった明治から大正時代。
1911年、銀座にはカフェーの開店が相次ぎ、
流行の先端を行く人々が集い刺激しあい、
日々新しいカルチャーが生まれていたという。

名だたる文化人が通った「カフェー・プランタン」
伝説のバーテンダーがいた「カフェー・ライオン」
ブラジル珈琲を広めた「カフェー・パウリスタ」

常連の画家が壁に描いたドローイングや
流行した色彩豊かなカクテル等
当時のカフェー文化から着想を得て着物や帯に表現。

心も装いも開放的になる季節に、
スパイスの利いた新鮮な着こなしをご提案します。


《男のきもの シーズナルコレクション》2022年春夏
明石縮「湖畔 波筬に立涌 勝色」(広巾)


「カフェー プランタン」開業のきっかけを作り、また維持会員となった洋画家・黒田清輝の作品から着想を得て、波筬と立涌柄を絣で表現したさらりとしたシャリ感が心地よい明石縮です。

色は当時の流行色であった「勝色」と「鈍色」の2色展開です。

「勝色」は勝利にこだわる武士や軍人に好まれた勇ましい色として、
鎌倉時代、武士たちが濃い藍染の質実剛健さを好み、さらに「かつ」に「勝」の字をあてて縁起色としたのが色名の由来。

《生地について》
絣の立涌の絣は手括りによるもの。絣糸は6本の白糸に2本の水色糸を合わせることで、さりげなく柄の揺らぎを馴染ませます。ベースが波筬で織られているため、立涌柄との層状効果も生まれ、立体感ある独特な織表情となっています。
※色の違いは緯糸の違い(白糸と黒糸使用)。

※こちらは【生地巾(外巾)約1尺5分(約39.7cm)】の<広巾>で織り上げていますので、裄の長い方にもおすすめです。

素材
勝色(深い紺色)
仕立て
盛夏
性別
男性
生地巾
(外巾)約1尺5分(約39.7cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 2025100152
【男のきもの シーズナルコレクション】
【2022春夏「交差」】【銀座もとじオリジナル】
(夏もの)明石縮「湖畔 波筬に立涌 勝色」(広巾)
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 205,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 162,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品