ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

職人の手描きによる
唯一無二の染表情で
存在感ある夏赤城紬

《男のきもの シーズナルコレクション》2022年春夏「交差」
発売開始:2022年4月29日(金・祝)~

>>商品一覧 >>催事詳細

2022年春夏のテーマは「交差」
価値観の大きな転換期となった明治から大正時代。
1911年、銀座にはカフェーの開店が相次ぎ、
流行の先端を行く人々が集い刺激しあい、
日々新しいカルチャーが生まれていたという。

名だたる文化人が通った「カフェー・プランタン」
伝説のバーテンダーがいた「カフェー・ライオン」
ブラジル珈琲を広めた「カフェー・パウリスタ」

常連の画家が壁に描いたドローイングや
流行した色彩豊かなカクテル等
当時のカフェー文化から着想を得て着物や帯に表現。

心も装いも開放的になる季節に、
スパイスの利いた新鮮な着こなしをご提案します。


こちらはDM掲載品です。撮影・着用品のため特別価格にてご紹介いたします。
※表示価格は【お仕立て有り価格】より【15%OFF】となっています
※現状は「着物」の仮仕立てです。本仕立てが必要です。


DM掲載のおすすめコーディネートをご紹介しています
>>「『勝色』の夏赤城紬で夕涼み」


《男のきもの シーズナルコレクション》2022年春夏
夏赤城紬「湖畔 ローケツ染 よろけ縞」(超広巾)


「カフェー プランタン」開業のきっかけを作り、また維持会員となった洋画家・黒田清輝の作品から着想を得て、職人がローケツ染の技法を用い、よろけ縞を丁寧に手書きで描き上げた、シャリ感が心地よい赤城紬です。
大胆な柄行が唯一無二の染表情となり、存在感ある着姿を演出します。

色は当時の流行色であった「勝色」。

「勝色」は勝利にこだわる武士や軍人に好まれた勇ましい色として、 鎌倉時代、武士たちが濃い藍染の質実剛健さを好み、さらに「かつ」に「勝」の字をあてて縁起色としたのが色名の由来。

※こちらは【生地巾(外巾)約1尺1寸(約41.6cm)】の<超広巾>で織り上げていますので、裄の長い方にもおすすめです。

素材
勝色(深い紺色)
仕立て
盛夏
性別
男性
生地巾
(外巾)約1尺1寸(約41.6cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 2025100145
【男のきもの シーズナルコレクション】
【2022春夏「交差」】【銀座もとじオリジナル】
(夏もの)夏赤城紬「湖畔 ローケツ染 よろけ縞 勝色」(超広巾)
価格(税込):
割引価格: 295,800円 15%
OFF
通常価格: 348,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品