ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

遠目には無地に見え
近くで見ると柄のある
通好みの粋な一品

【9月催事】銀座もとじ 男のきもの シーズナルコレクション 2021秋冬 「開化」
期間:2021年9月23日(木・祝)~

>>商品一覧はこちら >>催事情報はこちら

2021年秋冬のテーマは「開化」
生活様式が変わり、時代の変化を感じる今。
今季は、価値観の大きな転換期となった幕末から明治の時代にスポットを当て、
いち早く西洋化が進んだ当時の銀座の文化を知ることからデザインを始めました。

多様な文化に変化がもたらされた時代からインスピレーションを受け、
当時流行していた色や柄を使い、着物や帯に仕上げました。
現在の装いにも馴染む、遊びを利かせた着こなしをご提案します。


【男のきもの シーズナルコレクション 2021年秋冬】の新作です。

こちらは、縮緬地に江戸後期から明治にかけて流行した小豆色をベースに、通常の型紙の代わりに格子状の紗張り型を用いて、京都の職人が丁寧に染め上げた染小紋です。

通常、紗張り型は部分的に用いられるため、型紙に柄送り用の目印(星)がございません。そのため、柄送りが非常に難しく、1反まるごと染め上げることはありませんが、今回は、2回に渡り重ね染めした、大変の手の込んだ仕上がりです。

型の紗の目が生地に摺り跡として残ることで、柔らかな効果を生み、全体的に渋さが増します。

江戸後期から明治にかけて、男性の装いは、黒や茶、縞や小紋をはじめとする渋いデザインが人気となり、「通人」と称された男性たちは、その渋い色柄を好む知的なスタイルで注目を集めたと言います。

その当時に想いを馳せ、遠目には無地に見え、近くで見ると柄のある、通好みの一品で粋な装いを楽しみませんか。

※こちらは【生地巾(外巾)1尺5分(約40cm)】の広巾で織り上げていますので、裄の長い方にもおすすめです。

素材
小豆色
仕立て
性別
男性
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 2015300346
【男のきもの シーズナルコレクション】
【2021秋冬「開化」】【銀座もとじオリジナル】
染小紋着尺 縮緬「紗摺り 小豆色」(広巾)
売切御礼
同柄・似寄り品のお探し、別誂え等のご相談を承ります。
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品