ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

【久保原由佳理】プラチナボーイによる光沢の美しさは格別
茜で染めた美しい朱赤と、綾織の光沢を堪能する着物

こちらは、染織作家 久保原由佳理さんに、銀座もとじが繭からプロデュースしている極上の純国産絹糸「プラチナボーイ」で織り上げていただいた特別な作品です。

染料は「茜」。茜染ならではのこっくりと深みのある朱赤の彩りは格別の華やぎを演出し、プラチナボーイならではの光沢感が綾織によりいっそう引き立てられ、唯一無二の織着物に仕上がりました。

地の彩りは縦縞にわずかに濃淡があり、綾織の紋柄と重なり、立体性豊かな表情が浮かび上がり大変美しくございます。
光と彩りを纏う茜染の希少な作品です。


久保原由佳理さんについて
長野県安曇野市に工房を構える染織作家・久保原由佳理さんは、ご主人の染織作家の大月俊幸さんと共に、ご夫婦それぞれで作家活動をされています。 幼少の頃、ご実家の隣が染織作家・本郷孝文さんの工房だったことから、染織の仕事が身近な存在だったといいます。大学を卒業後、東京の染織作家・柳悦博さん、崇さん父子に師事し、その後松本市へ戻り本郷孝文さんの元で修業。ご主人の大月俊幸さんとは本郷孝文さんの工房での修行時代に出会われました。師から受け継いだ理念のもと、糸選び、精練、糸染め、織り、全てを自ら手がけられます。「紬は“着ていくたびにやわらかになる”というものも多いけれど、私は“初めて着た時もやわらかい紬” がいいなと思って」と、糸撚りの回数を少し少なくしながらしっかり打ち込み、やわらかい着心地をかなえています。ふっくらとした糸の風合い、草木染の澄んだ彩り。作品には、久保原由佳理さんならではの優しいまなざしやお人柄が満ち溢れています。
以前は松本市に工房を構えられていましたが、現在は、ご両親が移住していた自然豊かな安曇野市へ、よりよい制作環境を求めてお二人も移住されました。高原の別荘を思わせる素敵な自宅兼工房で、機を並べて、庭で草木染の染料を煮出したり、媒染用の灰を作ったり。共同作業は基本的にされませんが、2021年からは藍建てをご一緒に始められたそうです。安曇野の優しい自然に包まれ、お二人はそれぞれの歩調で制作をつづけられています。

1969年 長野県松本市生まれ
1992年 大学卒業後、柳悦博氏、崇氏に師事
1995年 松本に帰郷し本郷孝文氏に師事
2001年 独立

久保原由佳理さんについてはぜひこちらもお読みください
【関連記事】
【工房見学レポート】(2017年公開/現在の安曇野市の工房にて)
【工房見学レポート】(2010年公開/以前の松本市の工房にて)
【ぎゃらりートーク】(2013年公開)
【作家産地】「久保原由佳理」ご紹介


プラチナボーイについて
【プラチナボーイ】は37年かけて日本の研究者が開発した、世界で初めてオスだけの繭から作られた特別な絹。銀座もとじが繭からプロデュースし、すべての商品に作り手たちの詳細を記し、履歴のわかる“純国産”のものづくりを進めています。2015年には『農林水産大臣賞』を受賞。その開発から、養蚕、製糸、染織、着物につくられるまでを追ったドキュメントは一冊の本『天の虫 天の糸』に綴られています。
【銀座もとじの挑戦】プラチナボーイ
【和織物語】プラチナボーイ物語「天からの贈りもの」

素材
朱赤
仕立て
性別
女性
生地巾
(外巾)1尺(約38cm)
納期
寸法確定後約40日~ ※要相談

提供

商品番号: 2010200934
【プラチナボーイ】
畝織 着尺 草木染「茜染」
久保原由佳理
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 798,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 700,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品