ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

ねじる、切る、曲げる、つなげる
極細い銀線から生み出される小さな世界

銀線細工作家 松原智仁さんの帯留作品のご紹介です。

伝統的な線細工(filigree)の技法を軸に、ねじる、切る、曲げる、つなげる、を繰り返して生み出された小さな世界。
現代感覚と創造力が抜群で、粋になり過ぎないのがコレクションしたくなる秘訣です。

こちらは珊瑚素材の竹に、銀素材の葉をあしらったデザイン。

竹の葉にほどこされた繊細な縄目が銀線細工独特の表情。
0.1~0.3mmの極細い銀線を2本縒り合わせた縄状の線を重ねることで生み出される伝統的な技法です。


松原智仁さんについて

独学で彫金を始め、ジュエリーやアパレルブランドの商品を受託製造しながら技術を磨く。その後、セレクトショップにて帯留販売したのを機に、帯留制作をスタート。
2008年にアトリエを設立、2011年に「tomohito matsubarabara」のブランド名でジュエリーラインを発表以後、百貨店やギャラリー、セレクトショップなどで商品を販売しながら、東京、京都、ミラノなどで展示会を重ねる。


銀線細工とは

銀を細くワイヤー状にしたもの=銀線を、模様をかたどりながら巻き上げ、溶接して造形を完成させる「銀線細工」。英語ではフィリグリー(filigree)と呼ばれ、古代エジプト文明の遺跡から出てきたという記録もあるほど、古くから伝わる技法です。 日本では1500年代に、長崎県・平戸から持ち込まれたと言われており、その後平戸藩の江戸屋敷の近所に秋田藩屋敷があったご縁で技法が伝播。秋田県に銀山があったことから銀線細工が発展したとされ、今でも秋田県の県指定の伝統的工芸品となっています。

素材
銀、珊瑚
性別
女性
サイズ
約1.5×1.2×1.1cm
納期
約2-4日

提供

商品番号: 1590214813_i
帯留 銀線細工「竹珊瑚」
松原智仁
価格(税込):
通常価格: 44,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品