ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

1652年創業の組紐の老舗
美しい着姿を完成させてくれる1本

雪華文様の刀装に合わせ、古河歴史博物館のご依頼で製作した特注の下緒の図案をもとに、羽織紐にしたものがこちらの「雪華図」(せっかず)です。
古河藩主 土井利位(どいとしつら)が、日本で初めて雪の結晶を観察記録し、天保3年(1832)、その成果86種を収録した「雪華図説」(古河歴史博物館蔵)から雪の結晶の意匠を、高麗組の綾出しにて表現いたしました。
組紐の中に柄などを入れる技法を綾出しと呼んでいます。
表が青地で裏が白地となり、どちらもお使いいただけます。
冬にお締めいただくのも良いですが、盛夏の装いに合わせていただくと、周囲を涼やかな気持ちにしてくれるでしょう。
羽織紐は羽織に直接付ける、直付けタイプです。
羽織る際に毎回結ぶ手間はかかりますが、接続部の金具が見えない為、 直付けならではのすっきりとした装いになります。

素材
青×白
仕立て
通年
性別
男性
長さ
太さ約1.5cm 長さ約36cm
納期
2~4日

提供

商品番号: 1560117634
(男性もの)羽織紐 手組み「高麗組綾出し 雪華図 青×白」
道明
価格(税込):
通常価格: 72,600円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品