ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

こちらは、北村氏の『羅(ら)』の作品です。

『羅』とは、経糸を捩らせながら織られた隙間のある網状の捩(もじり)織物です。羅の組織には経糸が捩れ合ったところに緯糸が通っている目の細かい網捩と、捩れをはずしたところに緯糸が通っている目の粗い籠捩があり、この二つを組みあせて文様を織り出します。この二種のうち、一般的には網捩が表出して文様を作り出すのですが、北村氏の場合は逆に籠捩で文様を織り出したり、網捩と籠捩を同等に組み合わせて連続させるなど、独自の羅を完成させています。

見れば見るほどその複雑な美しさに目を奪われます。奥と手前に二重に渡された糸のあしらい。それぞれの糸が、経てに、斜めに、時には曲線を描いて、織り連ねられたさまは想像を絶し、本当に見事です。この美匠が手仕事でされていることに驚かずにはいられません。計算し尽された人間の手技。これほどの織物に出会えたことに喜びを感じていただけるはずです。

お仕立ての際に裁断される帯端の部分に『武』の落款がほどこされています。

古代のものとは全く異なる今日に生きる織物としての北村氏の織世界。
どうぞこの機会に、北村武資氏の六十年の足跡に触れ、その美を愛でる喜びと出会って下さい。


人間国宝 北村武資氏について

■1995年「羅」認定
■2000年「経錦」認定

二つの分野で人間国宝に認定されている方は現在でもほとんどいません。

15歳の時から精進した西陣織の技術を駆使して、誰からも教わることなく編み出されたこの織。人間国宝の世界では「世襲」か「師匠について長年修業を積んで身につける」かの二通りの道が大多数を占める中、 北村武資氏はただ独学で自身の道を築き上げました。

1972年、「長沙馬王堆漢墓(ちょうさまおうたいかんぼ)写真速報展」で出会った「羅」という織物。その幻想的な美しさに魅せられ、しかもそれが2000年前の人々の生活の中で生きていた美しさであったことに感銘を受けた北村氏。それから、そこで見た写真のみから推測して羅を復元したということに驚かずにはいられません。

羅を自在に織ることができるようになった北村氏が、次に目指したのは「経錦」の復元でした。「経錦」も中国の唐の時代に日本へ伝わりましたが、製織が比較的容易な緯錦が主流となり、奈良時代以降には織られなくなった織物です。

権威のあるさまざまな発表の場で数々の賞を受けたことは言うまでもありません。

しかし、北村氏の織りは、単なる古代製織技法の復元ではありません。 北村氏の織物は『現代に生きる織』と言われます。 古代とは全く違う独自の世界。織技の解明、継承を求めつつも、現代の街に合う色や地風を作り上げる。かつて古代中国の人々の中で羅が生きてきたように、現代の人間が現代に生きる織物を現代感覚で作り出していかなければならないと考えているのです。

【作家産地】「北村武資」のご紹介はこちら

素材
ライトグレー
仕立て
盛夏
性別
男性
納期
約10日

提供

商品番号: 1325102722
(夏もの)角帯「羅 菱文 ライトグレー」
北村武資
価格はお問い合わせください
価格はお気軽にお問い合わせください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品