ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

「紗献上×紅型染」の珍しい夏八寸帯
涼やかな紗献上の締め心地と
紅型の趣深い個性が楽しめる

夏の定番である「博多織紗献上」に、「紅型染」をほどこした、珍しい八寸帯です。

「紗献上」は本筑博多織の献上柄を織りなした夏の紗素材の帯。
「定番」として愛されながら、
現在はお作りが大変少なくなりました。

その「紗献上」の無地に、全通にわたり、紅型染により葡萄唐花文が染め上げられた、存在感のある仕上りです。
淡い生成り地に、渋めの赤紫、赤紫の色選びも洒落ていて、趣深い表情が楽しめます。

「紗献上」の風が通りぬける涼やかな素材感は、締め心地も軽く、夏に最適です。
夏の小紋、紬、綿着物に。
浴衣を着物風にお召しになる際にもおすすめです。


「博多織」について
博多献上の献上帯という名称は、慶長5年(1600年)福岡・筑前を領有していた黒田長政(黒田官兵衛の息子)が、幕府への献上品として博多織を送ったことに由来します。
仏具の独鈷と華皿を図案化した2種類の文様と、両子持縞と中子持縞の2種類の縞を合わせた柄を献上柄といい、
両子持縞は親子縞、中子持縞は孝行縞と呼ばれることから、幕府への忠誠を示すもとして献上品や縁起物に重宝されました。
たくさんの細い経糸に太い緯糸を強くしっかりと打ち込み、主に経糸を浮かせて柄を織り出すのが特徴です。

生成り、赤紫、ねず、ベージュ、青紫
仕立て
盛夏
性別
女性
柄付
全通
納期
寸法確定後約20日

提供

商品番号: 1320301744
(夏もの) 博多織 八寸名古屋帯「紗献上に紅型染 葡萄唐花」
売切御礼
同柄・似寄り品のお探し、別誂え等のご相談を承ります。
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品