ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

サンダンカを落ち着いたグリーン系で
爽やかなそよ風を感じさせる意匠
生紬の程よいハリ感も心地よい

紅型の世界を守り続けてきた紅型三宗家の一家、琉球紅型の第一人者、城間栄順さんの九寸帯作品です。

【作家コメント】
「花車」
サンダンカの満開の花々
真南風のそよ風に吹かれて
風車のよう回って見える
花言葉は「熱き思い」「喜び」


サンタンカは沖縄地方等に見られる常緑低木で、赤やオレンジ、黄色のたくさんの小さな花を房状につけて咲きます。沖縄では「サンダンカ」と呼ばれ、沖縄三大名花のひとつとして親しまれています。
花言葉は「熱い思い」「喜び」「張り切る」
こちらは、そのサンダンカを落ち着いたグリーン系で表現した作品です。葉と花を風車のように表現することで、吹き抜けるそよ風を感じさせるような、爽やかな意匠に仕上げられています。
素材は程よいハリ感が涼やかで心地よい生紬です。
単衣から盛夏の紬や麻、綿着物に。


城間栄順さんについて
1934年、紅型三宗家の一家「城間家」14代の城間栄喜さんの長男として生まれ、現在はご子息の16代城間栄市さんとともに、城間紅型工房を営まれています。
戦後の焼け野原の中で琉球紅型の復興に力を注いだお父様・栄喜さんから受け継いだ技術を、父譲りの職人気質と情熱で磨き上げ、現代に生きる紅型の創作活動に取り組まれています。海と魚、自然をこよなく愛し、綺麗な沖縄の海をモチーフにした作品も多数。妥協を許さない精緻な手仕事でありながら、作品全体に感じられる大自然のおおらかさとあたたかさに魅了されます。
【作家産地】「城間栄順」のご紹介

「沖縄の染織」一覧


【お手元確認サービス】ご自宅でご覧になりませんか
紅型ならではのお色目や生地の風合い、お手持ちの着物や小物との相性など、画面上だけでなく、お手に取って頂けるとご実感頂けると思いますので、「お手元確認サービス」もお気軽にお申しつけください。
※注文手続き画面の備考欄に「手元確認希望」とご記載ください。仕立て前にご自宅でご確認いただけます。
>>「お手元確認サービス」とは

素材
仕立て
盛夏
性別
女性
柄付
六通
納期
寸法確定後約20日

提供

商品番号: 1320203065
(単衣/盛夏に)琉球紅型 九寸名古屋帯 生紬「花車 サンダンカ」
城間栄順
商談中
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品